ウェディングドレスを拝見【白のAライン アニヴェルセル立川 キリスト教式 10月の結婚式】

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

Evaさんのウェディングドレスを拝見【白のAライン アニヴェルセル立川 キリスト教式 10月の結婚式】

読了までの目安時間:約 11分

 

Evaさんのウェディングドレスを拝見【白のAライン アニヴェルセル立川 キリスト教式 10月の結婚式】

管理者

こんにちは。

今日は2013年10月に結婚式をあげました、Evaさんにウェディングドレスについて、またそのドレスにまつわるを聞くことができました。

秋の10月にアニヴェルセル立川、キリスト教式 での結婚式。Evaさんのウェディングドレスは「Aライン」、だったようです。

どのようにウェディングドレスを決め、どんなこだわり、ストーリがあるなど、ご興味ある方も多いのではないでしょうか。それでは、聞いてみましょう。

日時 2013年10月
式場 アニヴェルセル立川
式場タイプ・形式 ゲストハウス・キリスト教式
挙式当日のお天気 曇り
披露宴のお時間 2時間
挙式の衣装 タキシード×白ウェディングドレス
披露宴の衣装 タキシード×白ウェディングドレス
披露宴お色直し1 タキシード×白ウェディングドレス(イメージチェンジ)
お名前と結婚式をあげたときのご年齢を教えてください。
Evaです。24歳の時にあげました。
結婚式をあげたのどちらで、いつですか?
2013年10月にアニヴェルセル立川、キリスト教式であげました。
アニヴェルセル立川、キリスト教式 で挙げられた結婚式は、どのようなテーマでしたか?

ブルーのバージンロードやシンプルなステンドグラスがとても美しく、また挙式時には本物のパイプオルガンを演奏して頂けるような厳かな雰囲気のチャペルとヨーロッパ風の落ち着いた披露宴会場だったため、「クラシック」な雰囲気でまとめるように心がけました。

また新郎新婦ともに文化財関係のお仕事をしていることもあったり、ゲストの親類縁者に伝統産業従事関係者が多くいらしたため、どなたから見ても素敵だと思えるような普遍的な美しさも求めていました。また流行に左右されないクラシックな雰囲気をつくることで、時間が経ってから写真を見返したときにも「素敵だ」と良い思い出が蘇るようにしたいと思いました。

Evaさんのウェディングドレスのスタイル、ラインなどをお聞かせください。

スタイルは「Aライン」、色は「白」です。その他のディテールは・・・

  • デコルテはボートネック
  • 袖スリーブはロングスリーブ(レース地)
  • トレーン:ロングトレーン、3~4m
  • パニエ:無し(ドレス一体型で、バッスル部分のみ)

こんな感じにです。

ドレスの決定するまで期間のことや価格などについてお聞かせください。

ドレスは「 レンタル」しました。持ち込みではありません。その他は以下のような感じです。

  • ドレスお値段:「 レンタル」・27万円
  • ブランド:不明
  • 初めてのドレス試着は式の何ヶ月前?:6ヶ月前
  • 式の何ヶ月前にそのドレスに決定しましたか:6ヶ月前
  • そのドレス以外、何着くらい迷いましたか:3着
  • 身長はおいくつですか:164cm
ウェディングドレスを「 レンタル」にした理由などありますか?

別途で衣装の持ち込みをすることが難しい式場であったためという理由が一番の理由です。

また私の背中には病院でついた傷跡があり、それをうまく隠してくれるドレス(つまりロングスリーブタイプで背中まですっぽりと覆ってしまえるもの)を個人で購入しようとすると、レンタルの倍以上の金額がかかってしまうと想定できたからというのもあります。

勿論式場に無理を言って、更に単価を下げてデザイナーさんにオーダー発注すれば形だけなら何とかなったかもしれませんが、やはりその場合は質が劣る事になる為妥協できませんでした。

またたまたま式場が提携しているタカミブライダルさんのスタッフの方がとても親切な方で、こちらのドレス選びの上で妥協できない条件があっても数着良いドレスを取り寄せてくださったことで信頼出来たというのも大きな理由です。点数自体が少ない状態であったらドレス選びもあまり楽しめなかったかもしれませんが、そもそも複数件集めただけでなく、ノースリーブドレスでもうまく背中をカバーできるようにとアイデアをくださったりしました。

そのドレス決定したこだわりや理由などを教えてください。

このウェディングドレスを選んだ最大の理由は、やはり背中の傷跡をカバーしつつクラシックなスタイルを実現できるものであったことです。

式場自体が今風の派手なものでなく、むしろ新しいのにクラシックで荘厳な雰囲気を感じられるネオヨーロッパ的な作りだったこともあり、そこで映えるドレスを選びたかったのです。

また肩が出たデザインのものをお召しになる花嫁さんが多い中で、自分だけの個性を上品に演出できるロングスリーブタイプのものに対しての憧れもありました。

背中もただのジッパーでなくかわいらしいレース地のくるみボタンがずらりとあしらわれてとても美しかったという点や、歴史上の女帝が着ていたような重厚なトレーンが美しかったというのも大きなポイントです。

ウェディングドレスの髪型について教えてください。

メインドレスのときの髪型は夜会巻風のアップスタイルです。

ヘアアクセサリーは自分で作った特製のレースヘッドドレス。

結婚式をすると決めた時点で髪の毛がかなり短く、式当日も肩にかかる程度のセミロング程度の長さしかありませんでした。

しかしカツラやつけ毛はなんとなく嫌いだったうえにロングトレーンやロングスリーブがポイントのドレスを着るからには何とかしてアップ風にしたかったこともあり、美容師さんと相談してうまく髪の短さをカバーできるスタイルをつくりだすことにしました。

そこで活用したのが、芯が入っていない自主製作のレースヘッドドレスの冠です。髪の毛の長さに関係なく後頭部の後れ毛を隠せる作りにしておいて、ヘアピンやスプレーで固めて頂きました

ベールやアイテム・アクセサリーについて教えてください。

ベールはショートタイプで、縁にのみレース装飾がある薄手のもの。

手袋は中指にリング状の留め具の付いたハンドカバータイプの短いもの。手首までの長さです。

その他アクセサリーはネックレス、ピアス、ヘッドドレスを用意しました。

ドレス自体が重厚感・存在感あるものだったため、その雰囲気を壊さない、言わばオプションのような立ち位置のアイテムを揃えるようにしました。しかしネックレスについては普通の2連パールなどのものにしてしまうと逆にボリュームが足らないと思ったので、大好きなゴシックブランドのアイテムを合わせました。

ブーケについて教えてください。
ブーケは、ラウンド型。ブーケトスもしました。
ドレスについて、ちょっと失敗、後悔しているところはありましたか?

クラシックさと荘厳さを求めるがあまり、その重量について考えが及ばなかったところ。

最初に着付けをして頂いて、花嫁控室に座っているときは良かったのですが、いざ挙式をするから移動する!・・・となった時に重くてうまく動かせませんでした。

一応式場の方が歩き方のコツや介添えはして下さったものの、時間が経つにつれて体力の消耗が著しくなってしまいました。

またキャンドルサービス時には動くために勢いよくドレスの中を蹴っているのを友人に目撃され、恥ずかしかったです。

ドレスお色直しについて教えてください。

お色直しは無しで、そのままの白ウェディングドレス・タキシードのまま。ただし若干装飾をかえたりしました。

コストの問題で、泣く泣くお色直し用のドレスを削ることにしました。その分のお金でゲストに引き出物をつけたり、アルバムを豪華にしてもらったのが最大の理由です。

またかなり気にいったドレスだったので、下手にお色直しするよりもずっと着ていたいとも思ったからです。

しかしそのまま白ドレスを着るだけでは少々もったいない気もしましたので、ヘアスタイルを変えたり合わせる小物を変えたりして楽しむことにしました。

ウェディングドレス選ぶ上でアドバイスなどありますか。

ウェディングドレスを選ばれる際は、是非ご自分の一番気に入ったもの、納得したものと出会えるまで妥協しないでください。それが誰に口出しされても、です。

材質ひとつ、デザインひとつとってもその人の人柄が映るものです。また何よりも、後で写真を見返したときにもその想い出は鮮やかに蘇ってくるものなので、出来れば自分のなかではベストな選択をしておくに越したことないのです。

体形や顔立ちなどによって似合うものは変わってきますが、足元やメイクによって大幅に印象を変えてしまう事が出来ると私は思っています。

なので試着時に何か違和感を感じたり、自分一人で選びきれないと思った時には、専門のスタッフさんに気軽に相談してみましょう。私もそうでしたが、より美しく映えるようにと自分一人で悩んでいるだけでは思いつかない良いアイデアをくださったりします。

ウェディングドレスにまつわる話を聞いてみて

管理者

Evaさん、ありがとうございました。

アニヴェルセル立川でAラインの白のウェディングドレスは10月の式場に映えてとてもステキだったのではないでしょうか。

やはりEvaさんもトレーンの長さには四苦八苦したようです。ドレスをクラシックさと荘厳さを求めるがあまり、その重量について考えが及ばなかったところは指摘をしています。

あなたも長いトレーンのドレスを選ぶ際は、必ず式場がどんなところかをチェックする必要があります。とくに段差や階段が多い場合、本当に大変です。

さらにEvaさんは花嫁姿、ドレス姿がより美しく映えるようにと自分一人で悩んでいるだけでは思いつかない良いアイデアをスタッフさんに、どんどん質問すると良いとのことです。

本当に参考になりました!

↓1年で1番10月ウェディングはやはり人気です。前半の体育の日が絡む連休もある。もし10月を狙っているのであればちょっとチェックしてみては?

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

あなたのウェディングドレス拝見   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

TOPへ戻る