「フォトウエディング」の前撮りはやる方がいい?どのくらい撮る?

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

「フォトウエディング」の前撮りはやる方がいい?どのくらい撮る?

読了までの目安時間:約 6分

 

「フォトウエディング」の前撮りはやる方がいい?どのくらい撮る?

結婚式の前に、新郎新婦の写真を撮っておく「前撮り」。

結婚式の準備で忙しいなか「前撮りまではとても時間がない」という人も多いのですが、前撮りならではのメリットも大きいことから、やることを選択するという人も多いです。

前撮りのどういうところがメリットで、「やった方がいい」と言われるのでしょう?「絶対にやった方がいい」と言われる、前撮りのメリットを集めてみました。

前撮りをしなかった後悔・前撮りのメリット

結婚式の後悔で、特に多いのが「写真を撮る時間がなかった」というもの。前撮りをやった方がいいのか、それともいらないのか。

結論から言うと、出来る環境であれば絶対にやった方がいいです!

前撮りをするとなると、そのための時間を確保しなければならなくなるので大変さは増しますが、もし可能であればやって悪いことはありません。

なぜなら、結婚式当日って意外に時間がないんです。

ドレスを着て、慌ただしく挨拶をしているうちにお色直しの時間になってしまい、後から見たら「ぜんぜん写真が撮れていなかった…」ということも少なくありません。

写真を撮っていたとしても、そのうつりがイマイチなこともありますし、あまり枚数がないこともあり、写真を残すというのは意外に大変なことです。

写真を事前に撮っておけば、当日に写真をあまりとることができなくても安心感がありますよね。

結婚式はやり直しができるものではありませんし、写真は一生残るものですので、余裕があるなら前撮りは必ずやりましょう。

結婚式を挙げる半数以上の人が前撮りをしています

結婚式を挙げた人のうち、だいたい60パーゼント程度の人が「前撮り」をしていると言われ、半数以上がやっていることが解ります。

これだけの人が、前撮りの重要性を理解しているということですね。

前撮りをやる人が多い理由として、他にも「自分が好きなロケーションで写真撮影をすることができる」「いろんなポーズで写真撮影ができる」というものがあり、この点からも前撮りをする人は多いとか。

確かに、結婚式場で当日に撮影する写真だけだと、ロケーション撮影はできませんからね。

また、前撮りをする理由の中には「ウェルカムボードに貼って使いたい」という人や、「当日とは違った衣装を着て写真を撮りたいと思ったから」というものもありました。

結婚式当日にウエディングドレスを着ることが決まっている女性が、「和装も着たい」という理由で前撮りをすることもあるそうです。

最近は和装の人気もかなり高まってきているので、和装を残したい人は前撮りで撮影するのでしょうね。

前撮りにかかる金額と、時期

多くの人が行っている「前撮り」ですが、大体10~15万円前後の予算で行っていることが多いようです。

意外にリーズナブルな価格です。

ただ、前撮りは「ロケーション撮影をするのか」「スタジオで撮影するのか」によっても料金が違いますし、もちろん式場によっても料金設定はだいぶ違ってきますが、大体このくらいのお値段で前撮りはできるみたいですね。

時期は、大体8か月前という人が多いです。

結婚式が近くなるとそれだけとても忙しくなりますので、余裕をもって8カ月前にすることが多いようです。

中には、20週以上前に済ませるというツワモノも…!このくらい前に撮影しておくと、あとで余裕をもって結婚式の準備ができますよね。

大体8週前くらいだと、結婚式の準備も余裕をもってできるようになるのでオススメです。

前撮りはカット数で価格が決まる?

どういった料金設定なのかは会場によってまちまち。

でも、前撮りの料金はカット数に応じて変わることがほとんど。

このカット数というのが難しくて、50~100カットでも「いい写真が何枚かあればいい」というレベルとか。

多くの人は、200カット位を目標にして撮影することが多いようです。

このくらいの枚数を撮影すると、大体のカップルが気に入るカットを撮影することができるそうなので、このくらいを基準にして写真を撮影してみては?

カット数が上ると、もちろんかかる費用もアップしてしまいますが、後悔しないためにも200カットを基準にしてみるといいかもしれませんね。

たくさん写真を撮ればそれだけいいカットのものが増えますが、時間がたつにつれ疲れも出てくるので注意を。

たくさん撮影しても、顔に疲れが出てしまってはいい写真にはなりません。

その疲れのことまで踏まえて、ちょうどいい枚数を考えましょう。

「多くとればいい」というものではありません。

まとめ

結婚式を挙げるカップルのそのほとんどが撮影をするという「前撮り」。いまや結婚式を挙げる前の定番と言ってもいいでしょう。

前撮りをやるほうがいいか、どうするか・・・と、言われれば絶対にやったほうがいいでしょう。

前述のように挙式当日は非常に慌ただしい。そんな余裕が無い時にいい写真が取れると限らない。

また、前撮りをしておくことにより、プレ結婚式をあげることができ、自身のウェデイングドレスの具合も確認できる。式へ望む流れもちょっと体験できることもおすすめだ。

ぜひとも前撮りを積極的に取り入れてみてはどうでしょう。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

結婚式・ウェディング準備情報   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

TOPへ戻る