引き出物に「カタログギフト」って人気?オススメ?どうなの?

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

引き出物に「カタログギフト」って人気?オススメ?どうなの?

読了までの目安時間:約 5分

 

引き出物に「カタログギフト」って人気?オススメ?どうなの?

近年、結婚式の引き出物として「カタログギフト」が選ばれることがあります。

カタログギフトは、渡されたカタログの中から好きなものを注文できるというもの。

近年は、「ゲストが欲しいものを自分で選べる」という便利さから、引き出物としてカタログギフトを選ぶカップルも増えてきています。

「カタログギフトは嬉しい」という人が多い

実際、引き出物で「カタログギフトをもらってうれしい」という人は少なくないようです、上述した通り、カタログギフトは「その人が本当に欲しいものを選んでもらえる」というメリットがあります。

引き出物って、「誰からも喜んでもらえるもの」を選ぶのは本当に難しいですよね。

若い人と中高年・お年寄りでは欲しいものも違ってきますし、選ぶとなると本当に一苦労です。

でも、カタログギフトであればそのようなことがありません。

カタログギフトには、食べ物から雑貨まで様々なものが掲載されているので、これを見て自由に好きなものを選ぶことができます。

このメリットが支持され、今では「カタログギフトを結婚式の引き出物にする」ということが当たり前になっています。

カタログギフトは格式も選べる

カタログギフトはいくつかの種類に分けられており、格式が選べることも支持されている理由のひとつ。

結婚式って、人によってご祝儀の金額が変わるので、それに合わせた引き出物を用意する必要がありますよね。

それに合わせて、カタログギフトも選ぶことができるわけです。

その人に合わせた金額で、さらに欲しいアイテムを選んでもらうことができるというメリットがあるため、カタログギフトは人気があるのです。

でも、一方で「嫌い」という人も増えてきている…

このように、メリットも非常に大きいカタログギフトですが、近年は「カタログギフトがあまり好きではない」という人もおり、評価が分かれるようになってきました。

なぜこのように評価が割れるのか?

実は、価格が安めのカタログギフトだと「いい商品がない」ということが目につきやすいのです。

実際にカタログギフトをもらったことがある人なら解ると思うのですが、5000円以下のものだと「ほしい」と思える商品がなく、結局なにも頼まずに終わってしまうということも。

それから、カタログギフトは実物とカタログ上の写真に差があり過ぎて「あまり参考にならない」という意見もあります。

何より、いちいちカタログを見て申し込むという手間が面倒です。

引き出物ならその場で持ち帰ることができますが、帰ってから自分で頼まなければならないカタログギフトは「手間がかかる」とも言われ、好きではない人も一定数いるようです。

引き出物を自分たちで選んでいない、という見方

引き出物は、来てくれた人たちに喜んでもらえるようにと心を込めて選ぶものです。

でも、カタログギフトだと「選ぶのはゲスト側」になるので、「選ぶ手間をかけたくなかったカップル」ととってしまう人が一定数いるとか。

特に、お年寄りの世代だと「カタログギフトはちょっと…」という人がいるのかもしれませんね。

ただ、やはり「重くて大きい引き出物より、カタログの方が持ち帰りやすくていい」という意見も多く、カタログギフトを推す側の意見も馬鹿にできません。

出席者がどんな傾向なのかをリサーチして、一般的な引き出物とカタログギフトのどちらがいいのかを考えていきたいですね。

やはり、出席者によってカタログギフトでもいいのか、それではいけないのかが左右されるところがあります。

「カタログギフトは嫌」という人でも、大半は「欲しいものを選ぶようにしてくれた」という気持ちは分かっているので、嫌な気持ちにはならないのではないか?と感じます。

まとめ

引き出物をカタログギフトにするかどうかで、このように賛否両論が出る。しかし考えることもある。たとえば、どこで挙式を行うか、どんな方が列席をするか、いつ行うか・・・

いろいろなファクターがあり、それらをチェックして最終的に決定すると良いだろう。カタログギフトが悪いわけではない。

どんな結婚式を上げたいか。どのくらいの大きさにしたいのか・・・あなたの希望の結婚式には、それに似合う引き出物があるというもの。

↓あなたの結婚式にはどんな引き出物が合うか・・・プロの話を聞いておくと参考になるよ。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

結婚式や披露宴の予算について 結婚式・ウェディング準備情報   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る