小さな結婚式を挙げたい!メリットは?デメリットはあるの?

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

小さな結婚式を挙げたい!メリットは?デメリットはあるの?

読了までの目安時間:約 5分

 

小さな結婚式を挙げたい!メリットは?デメリットはあるの?

以前はゴージャスで華やかな結婚式が多かったのですが、最近は「もっとカジュアルな結婚式を挙げたい」「本当に親しい人だけで、アットホームな式を挙げたい」という人が増えているようです。

結婚式の形も、少しずつ変わってきているようですね。

今流行の「小さい結婚式」のメリット・デメリットを集めてみました。

メリットは「アットホームな式を挙げることができる」ということ

一番のメリットは、ゲストとの距離が近い式であるということです。「小さい結婚式」が人気の理由のひとつに「アットホームさ」が挙げられます。

たくさんの招待客がいる大掛かりな式だと、1人1人のゲストとゆっくり触れ合うことが難しくなります。

この手の結婚式になると、会社の上司や両親の仕事の関係者が来ることも多いためです。

そして、こういうゲストほど丁重にもてなさなければならないのが「結婚式」です。

でも、このようなゲストを呼ぶ必要が果たしてあるでしょうか?

呼ばれた方も、会社関係の部下や知人の子供の結婚式と言われてもピンと来ないでしょう。

それでも、招待されればご祝儀を包んでこなければなりません。

そういう人を呼ぶよりも、「本当に来てほしい」と思った人だけを呼びたい・大切におもてなしをしたいと考える人が増え、小さな結婚式を選択する人が増えたのです。

規模が小さいので、ゲストとゆっくり触れ合うことができる

結婚式の当日は、招待したゲストと心行くまで特別な時間を過ごしたいと考えるカップルはとても多いですよね。

前述したとおり、結婚式の規模が大きいと「せっかくゲストに来てもらったのに、ひとりひとりとしっかり触れ合うことができない」というデメリットがあります。

小さい結婚式なら式場でじゅうぶんに全員を見渡すことができますし、1人1人に触れ合えます。

ゲストとしても、小さい会場だと遠くの席でも新郎新婦がしっかり見えますし、結婚式の雰囲気をしっかりと堪能できるのでメリットは本当に大きいです。

親しい人だけを招くので、好きなアレンジがしやすい

自分の結婚式と言っても、大きな会場を貸し切ってやるようなものだとゲストへの格別の配慮が必要です。

自分が「こうしたい」と思っても、招くゲスト次第では辞めざるを得ないこともありますよね。

しかし、少人数の結婚式であれば自然と招く人は親しい人ばかりになるので、自分がやりたいと思ったことをしやすくなります。

プチギフトなども、みんな同じものではなく「その人に合ったもの」を選んでプレゼントできますよね。

1人1人のことを考えた結婚式をしやすい、これも小さい結婚式ならではのよさですよね。

挙式費用が安い!

ゲストの人数が多く、大きな会場を選ぶほどかかるお金が大きくなるのは当たり前。

小さい会場だと、そのぶんかかる費用が安くなります。

お給料が右肩上がりとはいかないいま、結婚式に数百万のお金をかけるというのは現実的ではないという声も。

それを考えても、今は「小さい結婚式」が人気なのでしょう。

少ない人数だと、日程を調整しやすくなる

結婚式は、出席する人の日程を合わせなくてはいけません。

人数がおおければ多いほど大変になるので、少なければそれだけ調整が楽に終わります。

また、少ない人数であればオフシーズンの結婚式でも呼びやすいですし、「避けた方がいい」と言われる連休中でも結婚式を挙げられる可能性も。

カップルにとっても、負担が減るというメリットがあります。

デメリットは特になし、ただし手間はどんな結婚式も同じです

小さい結婚式を挙げるデメリットと言えば、年齢を重ねたひとには物足りなさが残る程度でしょうか?

しかし、小規模結婚式の場合は招待するのは気を使わない友人ばかりであることがほとんどなので、「身内だけの挙式」ということで親戚を呼ぶ範囲を狭めれば問題ありません。

そこまで大きなデメリットはないと考えていいでしょう。

ただし、大きい結婚式でも小さい結婚式でも、結婚式にかかる手間は同じ。

手を抜くことができるというわけではありませんので、そこは間違わないようにしなければなりません。

まとめ

親しい人を呼ぶからこそ、最大限のおもてなしをしたいですものね。

「小さい結婚式だからこそ、手をかけるところはかけなくてはいけない」ということを踏まえて計画を立てましょう!

手をかけることで、より日ごろの感謝の気持ちがゲストに伝わるはずです。

小さい結婚式のメリットは十分にあります!

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

結婚式や披露宴の予算について 結婚式・ウェディング準備情報   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

TOPへ戻る