結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

結婚式・ウェディング準備情報

結婚式を和装であげたい!和装のヘアスタイルはどうするの?

投稿日:2017年4月26日 更新日:

純白のウエディングドレスに憧れる人女性がいる一方で、「和装に挑戦したい」という女性もいます。

近年は「和装」の形が少しずつ変化してきて、時代に合ったファッションを取り入れることもできるようになってきました。

このことから、和装の人気も高まっているようです。

「洋風を取り入れた和装」が増えてきました

和装での結婚式と言えば、まず思い浮かべるのが白無垢でしょう。

打掛を着るなら、頭は角隠しと決められていました。

でも、「着てみたいけれど、着こなす自信がない」「和装の髪型は私に似合わない」と考える女性も多く、それがドレス人気に拍車をかけていました。

特に、着物特有のヘアスタイルはむずかしいですよね。

おでこを出すスタイルですし、似合う人を選びます。

しかし、最近はヘアスタイルを洋風にアレンジした和風スタイルも広く浸透してきており、挑戦しやすくなってきています。

これが、「和装で式を挙げてみたい」という女性を増やすことにもつながっています。

今の和装にはどんなヘアスタイルがあるのか、古典的なものから新しいものまでまとめてみました。

白無垢だったら「綿帽子」

結婚式で「白無垢」を着用する場合、頭には「綿帽子」という白い帽子をかぶります。

髪を結い上げて(というか、かつらですね)、その上に白い綿の帽子をかぶるスタイルです。

日本の結婚式と言えば、まずこの綿帽子と白無垢でしょう。

城組むには「角隠し」を合わせることもできますが、やはり「綿帽子を被る」というイメージが強いです。

綿帽子は顔が見えにくくつくられており、これは「挙式を無事に終えるまで、新郎以外の人に顔を見せないようにする」という意味があります。

日本に古くから伝わる伝統的な衣装で、厳粛さと美しさを兼ね備えた優美さが漂うところが女性からの憧れを集めているとか。

「和装がいい!」という女性の多くは、この白無垢に憧れていることが多いです。

白い衣装のところどころから除く赤やピンクの色も可愛らしいです。

打掛だったら「角隠し」

打掛を着て挙式する場合、頭には「角隠し」というものをかぶります。

打掛を着用する場合は、髪を「文金高島田」という形に結い上げることが定番。

そしてその上から、白い帽子のようなものを被せたスタイルですね。

「角隠し」という不思議な名称は、「女性の頭の角を隠す」という意味があるそう。

可愛い花嫁さんだけれども、実はこわーい角が下に隠れているよ?気を付けてね!という独特のユーモアが含まれています。

昔から「女は怖い」と思われていたのでしょうね。

頭に花やリボンを付けた「今風」の洋装も人気に

この「角隠し」「綿帽子」だけでなく、最近は頭に花をつけたヘアアレンジを着物に合わせるのが人気です。

着物の色に合わせた色の花を頭に飾ることで、和装でも洋風アレンジのヘアスタイルが実現できるようになりました。

アップにして大きな花を一輪飾ったり、花をティアラのようにしたり…お花を使ったアレンジは本当に種類が多く、また女性たちが気負わずに和装を楽しむことができるようになっています。

また、今は洋風の綿帽子があることを知っていますか?

髪を本格的に結い上げるのではなく、洋風アレンジを取り入れて、その上から綿帽子に似せたレースの帽子をかぶるというアレンジもみられるようになってきました。

こういうアレンジなら、無理なく和装に取り入れることができそうですよね。

まとめ

このように、今は洋風を取り入れることで「和装」がぐんと身近なものになってきています。

ドレスもいいですが、お色直しのひとつに和装を取り入れることができたら素敵だと思いませんか?

着物は本当に着る機会が少ないので、結婚式の機会に一着でも着ておくといいかもしれません。

↓結婚式に和装を取り入れたいなら、式場とのマッチングなども含め早目のチェックは必要ですよ!

-結婚式・ウェディング準備情報

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.