結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

結婚式・ウェディング準備情報 結婚式・披露宴の演出・余興について

結婚式で練習しておいた方がいいコトがたくさんある【実例4つ】

投稿日:2017年4月14日 更新日:

一生に一度の結婚式。

十分に時間をかけて準備をしたつもりでも、いざ振り返ってみると「ああすればよかった」「こうすればよかった」と後悔することが非常に多いようです。

特に、「ここはもう少し練習をしておくべきだった…」というポイントが生まれることもあるそうで、長く後悔している女性も多いとか。

一体、どういったところに後悔をしやすいのでしょう?

案外重要な「歩き方」!これはあとから後悔している方が多い

ウエディングドレスをはじめ、ドレスを着用すると解ることなのですが「ドレスって意外に歩きにくい」んですね。

実際に着てみると、裾を踏んでしまいそうで怖くてどうしても目線が下に行ってしまったり、歩き方がもたついてしまったり…ということが多いそう。

なので、ヴァージンロードや披露宴の式場を美しく歩くためにも「歩き方の練習」はぜったいにやっておいたほうがいいです。

それと、ドレスを着るときはヒールを履くことになるので、「履き慣れていないヒールで歩くことが難しかった」という女性も多くいました。

ヒールで綺麗に歩くのは難しいことなので、事前に綺麗に見えるような歩き方を研究しておかれることをお勧めします。

ドレスを着たら、ヒールを履いた状態で歩く練習を何度もするべき!という経験者もいるくらいです。

この「歩き方」に関連して、新郎や父親と一緒に歩く時の歩き方の練習もしましょう。

案外、二人並んでちょうどよく歩くのは難しいですし、新婦のドレスが大きく広がっている場合は新郎の方が間違って踏んでしまう可能性もあります。

それを考えると、歩きながらちょうどいい距離感を知っておく必要もありそうですね。

姿勢や目線の確認をしておきましょう

結婚式の写真や動画をあとから見返したとき、後悔することのひとつが「姿勢」だそうです。

「もっと背筋をピンとしておけばよかった」「立ち姿が綺麗じゃない」とがっくりしてしまう花嫁は意外に多いとか。

こうして考えてみると、ドレスを綺麗に着こなすというのは本当に大変なことなのですね。

あと、入場する時にちゃんと前を向いておかなかったことを後悔するというひとも。

入場のシーンは映像で残ることがほとんどなので、その点から後悔している人も多いようです。

確かに、映像に残ると何度も見ますから、「前を向いておけばよかったな」と後悔してしまいますよね。

和装だと着物が重くて大変らしい

着てみないとわからないことですが、和装はびっくりするほど衣装が重いらしく、三々九度をする時も「腕を上げるのが大変」というほどだそうです。

結婚式で盃に口を付けるときも、着物が重いためになかなか難しいとか。

これは予想することができない大変さですよね。

和装の時はこういった大変さがあることを知っておきたいです。

基本中の基本は「おじぎの練習」

結婚式というのは、とにかくお辞儀をする場面が多いです。

ゲストに向かって、新郎新婦で一緒にお辞儀をするというシーンがたくさんあります。

でも、このお辞儀が意外に難しい…!

お辞儀をしたら二人でばらばらのタイミングになってしまったり、綺麗な形のお辞儀ではなかったり、とにかく後から「お辞儀って意外と難しい」と後悔することが多いのです。

二人で綺麗に見えるお辞儀の形を練習しておくことをお勧めします。

お辞儀って、誰でもできると思いますよね。

でも、意外にやってみると「綺麗に見えるお辞儀」って難しいです。

まとめ

このように、結婚式で後悔するポイントは様々。

ポイントは、「やってみると意外に難しいポイントが多い」ということです。

結婚式の流れを確認した時に、「ここは意外に難しい」というポイントがあったら、そこを何度も練習しておくことをおすすめします。

↓後悔しそうなポイントは、やっぱりプロの方に事前に聞いてみるのが吉だよ。

-結婚式・ウェディング準備情報, 結婚式・披露宴の演出・余興について

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.