結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

結婚式・ウェディング準備情報

ウエディングプランナーにも「結婚式の準備」感謝の気持ちを

投稿日:2017年5月25日 更新日:

結婚式の準備は、新郎新婦だけでなくウエディングプランナーと一緒に作り上げていくものです。

結婚式のお料理を決めたり、演出を話し合ったり、ウエディングドレスを選んだり…ウエディングプランナーと過ごした時間は、かけがえのないものであるはずです。

新郎新婦にしてみれば、一緒に結婚式を作ってくれたウエディングプランナーはもはや同士であり、一生忘れることはありませんよね。

その感謝の気持ちを伝えることができるようなお礼をしましょう。

プランナーにも「お心づけ」を渡す必要があります

まず、ウエディングプランナーにも「お心づけ」を渡さなくてはなりません。

これは「マナー」にあたりますので、必ず準備するようにしてください。

お心づけは、大体5000円~10000円。

そこまで高額ではなくてもいいです。

ただし、お心づけは受け取ってもらえない可能性もあります。

式場によっては、料金の中にスタッフへの謝礼を含んでいることがあり、この場合だと「すでに渡している」という状態になるため、渡しても受け取ってもらうことはできません。

その場合は、相手に無理に押し付けるような真似もよくないので、やめましょう。

決まり事ならスタッフ本人にもどうしようもありませんからね。

お菓子の詰め合わせも喜ばれるようです

結婚式当日は、ウエディングプランナーだけでなく多くのスタッフが関わります。

そんなスタッフさんたちと一緒に食べることができるような、菓子折りも喜ばれるようです。

プランナーさんにしてみれば、結婚式を一緒に作ってくれた人に対する感謝もあるでしょうからね。

ただ、その日に食べられるとは限りませんので、日持ちするものがいいでしょう。

事前にプランナーさんが好きな食べ物などを聞いておくといいかもしれません。

「どんなものなら喜んで食べてもらえるのかな」と、プランナーさんの顔を思い浮かべながらプレゼントを選んでみては?

新郎新婦と一緒に撮影した写真などの思い出

プランナーさんはいろいろなカップルの結婚式をお手伝いしていますが、そのひとつひとつの式に思い入れを持っています。

後から思い出して「このカップルの結婚式、素晴らしかったなあ」などと思うこともあります。

もちろん、新郎新婦にとってもプランナーさんは「一緒に結婚式を作り上げたかけがえのない仲間でしょう。

だからこそ、記念になるような写真を贈りましょう。

お互いにとって、写真は一生の思い出になります。

余談ですが、出産の時も里帰りをして他の病院で子供を産んだ女性が、子供の写真をそれまで診ていてくれた病院におくるというケースもあるようです。

子供が生まれたあとは、今住んでいる土地で検診などを受けた病院に行くことはありません。

でも、お世話になった医師や看護師たちに感謝の気持ちを伝えたいということでしょう。

もちろん、こういったことは相手側にとても喜ばれます。

あとから手紙をおくる新郎新婦もいるようです

結婚式当日は、バタバタと時間が過ぎて行ってしまうもの。

どのカップルも「あっという間に時間が過ぎていった」と言いますから、それだけ時間が早くすぎていくのでしょう。

その時に、プランナーさんにゆっくりと感謝の気持ちを伝えることは難しいですよね。

そこで、あとから手紙を送るという選択をするという方法も。手紙なら、じっくりと書くことができますし、何度も読み返すこともできますからね。

また、相手にとっても大切な記念になります。

プランナーさんへの気持ちの伝え方はいろいろ。

でも、どの方法をとるとしても「感謝の気持ちがきちんと伝わるような方法を選びましょう。

こういったお礼のことも含めて、結婚式ですからね。

プランナーさんにとってもいい思い出になるような結婚式にしたいものです。

-結婚式・ウェディング準備情報

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.