結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

結婚式や披露宴の体験談・口コミレビュー

MANAさん:結婚式の成功・失敗・経験談【池袋 オーシャンカシータ 人前式 6月の結婚式】

投稿日:2017年5月23日 更新日:

こんにちは。

今日は2014年6月に結婚式をあげました、MANAさんにウェディング・結婚式経験談を聞くことができました。

大人気のジュンブライド6月に池袋 オーシャンカシータ、人前式での結婚式。ゲストさんも少々多めの75人の挙式となっていたようです。

同じようなゲストさん人数を考えている人など、ご興味ある方も多いのではないでしょうか。それでは、聞いてみましょう。

日時 2014年6月
式場 池袋 オーシャンカシータ
招待客数 75人
結婚式費用 約280万円
準備期間 約12ヶ月
お名前と結婚式をあげたときのご年齢を教えてください。
MANAです。36歳の時にあげました。
結婚式をあげたのどちらで、いつですか?
2014年6月に池袋 オーシャンカシータ、人前式であげました。
6月の「池袋 オーシャンカシータ」にした理由などはありますか?
6月が自分の誕生月だったというのが一番の理由になります。
披露宴の招待客人数と新郎側、新婦側の人数対比を教えて下さい。
トータル75人でだいたい5:5くらいです。
結婚式場決定で最も重視したことはなんですか?

私たち夫婦が食べることが大好きなので、食事がおいしいレストランで、ゲストと楽しく食事を楽しむ結婚式がしたいと思い、レストランウェディングに絞って会場を探しました。

下見を何軒かしたなかで、こちらのオーシャンカシータは、料理がおいしいことはもちろん、スタッフのかたの感じがよく、細かいサービスが行き届いていて、当日お招きしたゲストに気持ちよく、おいしい食事を楽しんでもらえると思えたのが決め手になりました。

料理の内容を、事前にリクエストしてもらい、一人ずつ料理メニューの違うコース料理を提供できたのは、ゲストのみなさまにすごく喜ばれたので、このお店にしてよかったと思いました。

プロポーズから式を挙げるまでの準備期間はどのくらいでしたか
約12ヶ月です。
結婚式を挙げるまで何が一番大変でしたか?

式場を決定したのは式の8か月ほど前です。準備で一番大変だったのは、席次表を兼ねた、二人のプロフィールブックの作成でした。

以前出席した結婚式でプロフィールブックを見て、自分たちも作りたいと思ったのですが、業者に依頼すると、かなり高額だったので、自作することにしました。

和装の前撮りを早めに行い、その写真を使用して、内容はExcelやパワーポイントを駆使して作成、印刷のみ業者に委託し、自分たちで製本しました。

すごく大変でしたが、主人と二人で作るのに、すごく共同作業感があったし、作業しながら、式の細かいことを話し合ったりもできたので、がんばって作ってよかったです。また、ゲストにも好評でした。

結婚式は総額でいくらかかりましたか?
大体280万円くらいです。
費用の捻出の内訳はどのような感じですか?
自分達の貯金でだしました。
式費用ですが初期見積もりから最終見積で金額アップしましたか?
30万円ほどダウンしました。
今回の式で節約術があったら教えていただけますか。

手作りアイテムと持ち込み品を多めにしました。

手作りしたのは、ウェルカムボード、当日上映する映像、芳名帳、席札、席次表(プロフィールブック)などのペーパーアイテムや小さいお子さんにプレゼントした造花のブーケなど。

持ち込みしたのは、ドレス、タキシード、司会、会場花&ブーケ、ヘアメイク&介添え、カメラマン、両家両親衣装、引き出物など、料理以外のほぼ全てを持ち込ませてもらったような状況です。

そこで節約した分を、ゲスト一人ずつのオーダーメイドコース料理にランクアップして、ゲストに還元できるようにしました。

結婚式で成功したこと、うまく行ったことはありますか。

ゲストのみんなに楽しかった、おもしろかった、ご飯おいしかったと言ってもらえたことです。

いまだに、結婚式おもしろかったよねって言ってもらえて、色々がんばったかいがあったなと思います。

親戚関係で小さいお子さんの出席が多くあったので、途中で飽きてしまわないように、席札をお菓子で作る、入退場の時にシャボン玉を吹いてもらう、飽きてきそうな頃合いに、プレゼントを渡すなど子供をからめたプログラムをあちこちに散らばせるなど工夫したことも、成功につながったと思っています。

失敗したこと、ちょっと後悔していることなどありますか。

結婚式自体には、なんの悔いもありません。やりたかったこと全てをやりきったって思っています。

ただ一点だけ、退席している時間を1分でも短くしたくて、お色直しはしなかったのですが、途中でヘアメイクチェンジはしたので、そこでドレスを着替えても、退席時間はたいしてかわらなかったかなと、ちょっと後悔しています。

これから結婚準備を始める人にアドバイスをお願いいたします。

なんの後悔もない結婚式が挙げられたと思っています。

それができたのは、最初に話し合って、結婚式で一番重視することを決めておいたことが大きかったと思います。

私たちは、ゲストに楽しんでもらうこと!を重視するということにして、それに沿って計画を立てていったので、目的がぶれずにできたと思っています。

また、最初の段階で、結婚式のイメージカラーを決めておきました。ペーパーアイテムなど持ち込みが多かったので、イメージカラーを決めておくことで、統一感をだすことができてよかったです。これのおかげで、打ち合わせの時ももめることがなく、すぐ決まるのでおすすめです。

持ち込み品を多くすることで、かなり節約になり、そのぶんを料理に回せました。

持ち込み品が多いと、会場で一括打ち合わせができないので、時間と手間はかかりますが、自分の好みにぴったりあうところを探せて満足度はすごく高かったので、時間的な余裕がある方にはおすすめです。

結婚式経験談を聞いてみて

MANAさん、ありがとうございました。ホント参考になりました。

結婚式や披露宴の打ち合わせをする際に、最初の段階で、結婚式のイメージカラーを決めるというのは、かなり参考になりました。これブレませんね。

持ち込みしたのは、ドレス、タキシード、司会、会場花&ブーケ、ヘアメイク&介添え、カメラマン、両家両親衣装、引き出物など、料理以外のほぼ全てを持ち込んだというすごさ!節約した分を、ゲスト一人ずつのオーダーメイドコース料理にランクアップするという徹底さ!

本当に参考になりました!

↓6月の結婚式は非常に人気の高い月です。もし新緑のジューンブライド6月を狙っているのであれば、すぐに動くことおすすめです。

-結婚式や披露宴の体験談・口コミレビュー

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.