結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

結婚式は何月がいい?

2月の結婚式【メリット・デメリット】

投稿日:2016年1月11日 更新日:

一年で一番寒い月2月は、一年で一番寒いといわれている季節。

つまり、多くの人が「自宅にこもっていたい季節」です。

この為、12月、1月と同じで、2月の挙式料金は安め。

これは、やはり「この時期に式を挙げることは避けたい」と考える人がほとんどだから。なぜなら、2月に結婚式を挙げることのデメリットが大きいからです。

一年の中で一番寒いと言われている2月

1月・2月は一年の中でかなり寒いと言われる時期。

雪が降る地域だと交通機関の遅れも目立ちますし、足元が悪いのでゲストが結婚式の会場まで来ることが大変です。

雪や風、寒さの影響

中には、雪や風の影響でドレス(男性ならスーツ)が汚れてしまわないように会場で着替えるゲストも…。

せっかく綺麗にメイクをしても崩れやすい時期ですし、ゲストにとっては出席が厳しい季節です。

また、カップルにとっても「あまりにも寒いので、屋外での演出が難しい」というデメリットが。

屋外でもフラワーシャワーやガーデンウエディングなどはほぼできないと考えた方が無難。

できたとしても、この寒さの中ゲストにそれを強いることを「失礼だ」ととる人もいます。

特に、お年寄りや子供だと寒さは身にこたえます…。

寒い中での結婚式

上でも述べているとおり、2月は一年で一番寒い季節。服装もコートが必要ですし、靴もブーツなどをはかなくてはなりません。

西日本の温暖な地域ならともかく、東日本で雪が降るようなところだと、コートを着込んでマフラーをして手袋をして、その上でブーツなどを履くことになりますので、非常に寒いです。

ブーツを履いていく場合は、会場で履く靴も持参しなければなりません。

それをフロントに預けなければなりませんので、手間もかかりますし、冬の結婚式というのは何かと気を使うことが多いのです。

また、結婚式の間に移動があると、これまた大変です。式場の中には、「チャペル→披露宴会場」と移動しなければならない造りのところも多いですが、これが外を移動することになると、ゲストが寒空の中移動することになります。

結婚式の体験談を見ると、2月に花嫁がノースリーブのウェディングドレスでガーデンに立ち、ブーケトスを行ったというレポもありますが、やはりゲストからは「寒かった」という声が聞かれたそうです。

もちろん、後から「寒かったよね~」と笑い話になる可能性もありますが、場合によっては「非常識」と言われてしまう可能性もありますので、2月の結婚式は評価が分かれるのでしょう。

交通の問題

2月は、一年で最も雪が降りやすい季節。つまり、交通に乱れができやすい時期、ということになります。

ドカンと雪が降ってしまえば、それだけで交通が麻痺してしまいますし、雪が降らなかったとしても、地面が凍っていれば下はアイスバーンですので、それだけで事故がおきやすくなってしまうでしょう。

とにかく、トラブルが起きやすいのがこの季節の結婚式です。1月も似たような理由で避けられがちですが、雪が降ると交通が麻痺してしまいがち。

当日、雪のせいで結婚式に間に合わない・・・というトラブルも考えられます。結婚式には何らかのトラブルが起きる可能性がありますが、そのリスクが高いのが2月、と言う事です。

しかし、こんなメリットも

一部では、「2月は綺麗な生花が揃いやすいので、綺麗なブーケを作れるし、テーブルも華やかにできていい」という話も。地域によるかもしれませんが、この様な話もあります。

バレンタインがありますので、それをモチーフにした飾り付けやお料理を出してみても面白いかも

とにかく料金が安い

結婚式を挙げるにはちょっと辛い時期なので、この時期の結婚式場は「オフシーズン」となり、割引キャンペーンなどが積極的に行われ、安い料金で式場を借りることができるようになっています。

こじんまりとした式ならアリかも

家族だけの式なら、メリットもあるかもしれません。

1月・2月の結婚式は式場料金が安いと多くの人が知っているため、無理してこの時期にゲストを呼ぶと「ゲストのことより自分たちの節約を重視した」という印象を持たれてしまいがち。

しかし、ゲストを呼ばずに身内だけでの結婚式を挙げる場合なら理解を得られるかもしれません。

両親や兄弟なら、少しでも料金が安い時期に…と賛成してくれる可能性もあります。

もちろん相談必須ですが、会場も比較的自由に選ぶことができ、プランナーも時間的な余裕があるこの時期なら理想の結婚式が挙げやすくなります。

まわりの理解が得られそうなら、挙式を考えてみてもいいかもしれませんね。

2月の結婚式は多少のリスクはともなう場合が多い。しかし、その安さはかなり魅力だ。いずれにしてもここはプロの意見に耳を傾けておくほうがいいことは間違いない。↓↓

-結婚式は何月がいい?

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.