6月の結婚式【メリット・デメリット】

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

6月の結婚式【メリット・デメリット】

読了までの目安時間:約 5分

 

6月の結婚式【メリット・デメリット】

ジューンブライドの月・6月・・・「結婚式と言えば6月」という人も多いですよね。6月は、ヨーロッパにおいて「結婚の女神・ジューノ」が司る月です。

この為、「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」といわれ、そこから「6月の花嫁」という言葉が生まれました。

日本では梅雨の季節にあたりますので、あまり重要視はされませんが、それでも6月に結婚式を挙げるという場合、「6月の花嫁なんて、素敵ね」と言われることが多くなるように思います。それだけ、この「6月の花嫁」という言葉は有名です。

「ジューンブライド」で良く知られる6月の結婚式

6月の結婚式と言えば「ジューンブライド」で有名ですね。

「ジューンブライド」は、ローマ神話に出てくる結婚の神様「JUNO」から生まれたもので、この月に結婚した花嫁は幸せになれるという言い伝えがあります。

このジューンブライドは日本にも定着しており、今でも「結婚式を挙げるなら6月がいい」と考えているカップルはわりと多いとか。

このため、4月や5月ほどではないにせよ6月の結婚式もわりと人気。

6月には「父の日」もありますので、結婚式の演出に「お父さんへの感謝」を入れることができるメリットも。

娘の結婚式は父親にとって特別なものですが、父の日と重ねてお祝いすることで素敵な演出をプレゼントすることができるといいですね。

しかし、6月は梅雨のシーズン

しかし、6月は梅雨のシーズン…ジューンブライドは確かに素晴らしいのですが、6月はどうしても梅雨の季節なので雨の心配が出てきます。

そう、ネックなのは、日本において、6月というのは梅雨のシーズンになってしまうということ。地域によっては雨が降りやすくなりますし、肌寒く厚い上着が必要になる時期もあります。

ゲストが式に出席するのに足場が悪くなることもありますし、ガーデンウエディングなどの外を使った演出も厳しくなりますので、雨が降っても問題のない式場を選ぶ配慮が必要になります。

ホテルウエディングなど、外に出なくてもいい結婚式にしたほうが無難でしょう。

料金は、会場によります。

「雨のシーズンだから」という理由で安い場合もあれば、「ジューンブライド」という理由で、高いところもあります。大抵、高いといわれることが多い様です。

でも、雨が降ると足場が悪くなりますし、外での演出はすることができなくなりますので、避けるというひとも多いのです。

ただし、雨が降ったとしても 「6月の花嫁は縁起がいい」と言ってもらうことができますし、日本のことわざにも「雨降って地固まる」という言葉がありますので、まったく受け入れられな い、ということにはならないのではないでしょうか。

雨が多いシーズンであることから6月の結婚式は避けるカップルもいるために、結婚式場がキャンペーンをする時期でもあります。

トップシーズンに比べれば会場費はお安めなので、そこは大きなメリットですね。

式場で、雨の日のための対策をしておきましょう

結婚式当日が雨になってしまうと、どうしても「濡れる」などのトラブルが起きます。

ゲストに着替え用の部屋を用意しておいたり、身体を拭くためのタオルを準備しておくなどの配慮があると、「親切だな」という好印象を残すことができるでしょう。また、梅雨の季節には寒い日も多いので、暖房対策をしておくことも大事。

訪れたゲストが冷え切ってしまわないように、配慮をしていきましょう。引き出物も、雨の日に持ち帰る手間がないように、コンパクトで持ち帰りやすいものにするのが吉。

どうしても大きくなってしまう場合は、宅配便を使って郵送するということを考えてもいいかもしれません。こういうちょっとした配慮が、6月の花嫁に華を添えてくれるはずです。

雨の日の結婚式も、情緒があっていいかも

雨に濡れるのは誰でもいやでしょう。

でも、雨がしとしと降る中での結婚式は、どこか情緒があり、見ようによってはいい演出になるかもしれません。

雨というのは、時に色々な効果をもたらしてくれることがありますので、そういったことも踏まえて、結婚式を挙げてみるといいかもしれませんね。

いろいろとメリットとデメリットが存在する6月の結婚式ですが、やり方や考え方で変わるものです。とくにジューンブライドというものの響きはとてもいいもの。

また北海道など梅雨の影響が少ない地域や海外という選択肢もあることを覚えておきましょう。

↓いずれにしてもジューンブライドの6月は人気ということに変わりありません。6月に式を考えている場合は早めの動き出しを!

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

結婚式は何月がいい?   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る