ウェディング・結婚式会場の決め手となる重要ポイント

結婚準備NAVI・失敗しないウェディング準備

ウェディング・結婚式会場の決め手となる重要ポイント

読了までの目安時間:約 4分

 


ウェディング・結婚式会場の決め手となる重要ポイント

現在ではウェディング会場となる場所は従来のホテルや結婚式場以外にゲストハウスやレストラン、他ウェディング対応のレンタルスペースなどがあります。

それでもやはりホテルでのウェディングは人気です。

ホテルと一口に言っても格式高い老舗ホテルから隠れ家のようなこじんまりとした小ホテルがあり、多様なウェディング・スタイルに対応しています。

レストランについても同様で、会員制の高級レストランから通常私たちが利用できるようなレストランまで色々。

予算を決めてから選ぼうとしても、それぞれのタイプの式場でやはり様々なプランが用意されていおり、手が届かないと思うような名門ホテルでもリーズナブルなプラン利用で実現することができます。

ウェディング会場を決めるのに迷ってしまうカップルはさぞ多いことと思います。

プランナーをチェック

ブライダルフェアや相談会、見学などの際、館内の雰囲気や条件を始め予算、演出、ドレス、特典などを確認すると同時に、担当してくれるウェディングプランナーやスタッフをチェックすることが肝心。

少し大人で、大きな買い物をした経験のある人なら分かるはず。

ショップ店員や営業担当者が、自分の購買動作に大きく影響しているということを。

欲しい物を買うとはいえ、実はその“営業マン”から買う、という心理は大きく作用しているものなのです。

ウェディングにおいても同様。

高額な費用がかかる上、一生に一度の大切なビッグセレモニーなのですから。

度々の打ち合わせやお金の相談など、多くの事柄を決めて行くために結婚式当日までお付き合いしていくのがプランナー。

親身になってくれるか、信頼できるかなどを見極め、二人に合ったウェディングプランナーと出会えて会場を選ぶのが重要ポイントの一つです。

何が一番大事?

ウェディング会場を選ぶ際に明確にしておきたいのが「二人の結婚式はどんなイメージにしたいのか」ということ。

その結婚式を実現するための項目には自ずと優先順位が付くことと思います。

ブライダルフェアや会場見学の折りにはそれらのうちどれが可能でどれが不可かを確認します。

そのためにも、予めチェックリストを作ることをおすすめします。

もちろん結婚式のイメージやコンセプトを箇条書きにしておくことも大切。

会場探しの際には各項目を照らし合わせ、最終的には譲れるもの、譲れないものを選択し会場決定になります。

諸々のことは紙面にすることで可視化でき、ただ何となく頭で描いたまま進めるよりも効率的。

自分たちのコンセプトも明確化しやすくなります。

お招きするゲストについて

ウェディング会場を決める際にはお招きするゲストへの十分な配慮も大切。

親兄弟と親しい友達だけの内輪の式なのか、職場の上司や恩師、ご年配者など目上の方々もお招きするのかで、様々なことが変わってきます。

会場までのアクセス、会場のキャパシティー(許容人数)、パーティーの構成や演出、お料理などなど。

まずどんな結婚式にしたいのかというコンセプトを立てると同時に、ゲストの人数やリストもおおよそアップするといいですね。

それらをもとにブライダルフェアや会場見学を体験することで、適切かどうかが分かってきます。

また、ご高齢者や障害をお持ちのゲストが居るのであれば、ユニバーサルデザインなどで対応しているかも確認を。

特に控室から式場、披露宴会場への移動、化粧室などはチェックすべき箇所です。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

ウェディング会場の決め方   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る