結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

コスト削減のコツ

手作りウェディングアイテムで結婚式の費用を抑える工夫

投稿日:2015年2月24日 更新日:

結婚式といえばまず気になるのが費用のこと。

一般的な平均額は250~350万円。

たった一日のセレモニーにかかる金額としては大変な高額。

どんな結婚式にしたいのか、何を大切にしたいのかでその内訳は異なりますが、節約できるところは節約し、二人にとって無理のない範囲に収めるのが理想的です。

式場選びもさることながら、一度でも見積もりを貰った人ならその項目の多さ、そして意外なものに料金がかかるということに気付くことでしょう。

また、数々のウェディングアイテムは、一つ一つはお安くても数が多いため総費用のうち占める分は大きいもの。

衣装のお色直し、お料理、ウェディングケーキといったシンボリックなものの他、ウェルカムボード、写真撮影、ブーケ、プロフィールビデオ、リビングピロー、もろもろのペーパーアイテムetc・・・。

節約できそうなところをチェックし、一工夫することで驚くほど総費用は変わってきます。

ペーパーアイテムについて

結婚式では招待状、席次表、席札など、数々のペーパーアイテムが必須です。

紙のものだから大した金額にならない、と侮ることはできません。

式場により異なりますが、ゲスト80名あたりで約12万円。

一人分が1500円前後にもなるのです。

決してお安くはないペーパーアイテム、現在では手作りする人が増えています。

作製に必要な材料が市販されており、デザインやカラー、スタイル、テイストと、その種類も豊富です。

専用キットで費用は数万円程度。

またパソコンとプリンターも普及しているため、素敵な紙だけを購入し全て作ってしまう人もみられます。

この場合は紙とインク代だけ。

大きな節約となりますが、手作り派の増加理由は単に経費削減だけでなく、オリジナル感があり、心が込められるからということも大きいようです。

ウェディングフラワーについて

結婚式ではお花がたくさん使われます。

受付、会場装花、テーブル上、そして花嫁が手に持つブーケ・・・。

脇役のようでいて実は式を華やかにする重要アイテムです。

そして価格もお高い。

ブーケはシンプルでリーズナブルなもので15000円くらいから。

凝ったものであれば数万円します。

ドレスとコーディネートするのでお色直しをするたび変えれば、ブーケだけで5、6万円はかかってしまいます。

工夫の一つとしては、装うどのドレスにも合うブーケにし、一つで間に合わせるという方法。

式場で用意されるものがお高いようなら個人で別のショップに依頼するか、自分で作ってしまうか。

その際は持ち込み料金の確認が必要です。

また、生花よりリーズナブルな造花を選ぶ人も多く見られます。

造花ならいつまでも綺麗なままとっておくことができます。

撮影&フォトアルバムについて

意外とかかる写真やビデオの撮影、スナップアルバム。

その費用は5万円から20万円という幅に6割が入ります。

少し上ランクのアルバムなら30万円ということも。

また式場によってはカメラマンを指名できるところもありますが、通常指名料がつきます。

カット数が増えたり、時間延長してしまったときなどは追加料金が発生することも。

式場専属でない、個人で別のところに撮影を頼むことが不可であったり、持ち込み料なるものが発生する式場もあります。

なかなか悩ましいところではありますが、まずは少々気に入らなくても式場で選べるアルバムのお安いランクを選択し、撮影データを貰う(あるいは買い取る)のがいいかもしれません。

データがあることで後々自作アルバムにしたりフォトブックにしたりと、好きな形で残すことができます。

-コスト削減のコツ

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.