理想の良い結婚式を低予算・格安で実現するチェックポイント

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

理想の良い結婚式を低予算・格安で実現するチェックポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

理想の良い結婚式を低予算・格安で実現するチェックポイント

ホテルやゲストハウス、お洒落なレストラン・・・結婚式にかかる平均費用は300~400万円ともいわれます。

人生で何度も経験することではないので、押さえどころが分からないのが悩ましいところ。

終わってみて「あれはNGだった」「ああすればよかった」などと後悔するカップルも少なくないようです。

現在はブライダル情報が簡単に、しかも沢山入手できる時代。

段取りの進め方や式場のこと、そして経験者の声やアドバイスなどもチェックすることができます。

基本的に一生に一度の結婚式。

かといって二人にとって現実的でない金額をかけるのは困難。

でも、諦めモードになることはありません。

色々と工夫して予算内で素敵な結婚式を叶えるカップルは沢山います。

ねらい目はオフシーズンと大安以外

ネット上から得られる情報だけでは細かい料金設定などは把握できませんが、式場で掛かる費用はウェディングシーズンではお高く、逆にオフシーズンではリーズナブルになっています。

また比較的近い日取りで、予約が入らないまま空きになっている日などはディスカウントとなることも多いよう。

高い料金でも人気なのがオンシーズン。

秋や春、大安や友引はだいぶ前から予約で埋まってしまいます。

つまりねらい目はそれ以外の日取りというわけです。

どれくらいディスカウントされ、どれくらいリーズナブルなのかは式場によりますのでブライダルフェアの際に確認してみましょう。

オフシーズンの一連で、「夏のウェディング」を色々素敵に演出した企画を数々の式場で打ち出す傾向がみられます。

もちろん比較的お値打ちな料金設定となっています。

日取りの決め方で随分と費用が変わってきますので、人気を外したところで検討してみるのも一つです。

色々アイテムの持ち込み

コスト削減テクニックの定番ともいえるのがウェディングアイテムの持ち込みです。

ドレスやブーケ、ペーパーアイテム、引き出物を始め写真撮影や演出、メイクや着付けなど、結婚式には実に多くの細々とした物事が関わっています。

それらを式場に任せるのではなく、自前や持ち込みにすれば随分と費用を押さえることができます。

但し、注意すべきポイントが一つ。

その式場で持ち込みが可能なのか、持ち込み料金はかかるのかという点です。

ブライダルフェアなど下見に行った際には、是非確認しましょう。

できれば持ち込み料金リストなどを貰えれば一番いいですね。

ドレスショップなどでは持ち込み料を負担するというところもあります。

また、ペーパーアイテム類や受付、テーブルのちょっとした演出など自作で工夫することは節約だけでなくアットホームなぬくもりを出すこともできます。

料理の節約は要注意

結婚式の準備で気を付けたいのは「ゲスト目線」を意識するということです。

つい主役の二人の理想の追求に走ってしまいそうですが、そもそも結婚式は二人の新たなスタートをご報告し、これまでお世話になったゲストに感謝と「これからもよろしく」という気持ちを伝えるためのもの。

背伸びをした豪華なパーティーにする必要は全くありませんが、二人の身の丈に合った式に「感謝」と「おもてなし」の心は込めたいものです。

その大切なゲストにとって意外と印象に残りやすく、結婚式のイメージの明暗を分けやすいのが料理なのです。

満足できる料理のポイントとして味はもちろん、品数やボリュームも重要。

変な節約はNGですが、かといってお金をかければかけるほどいいというわけではありません。

美味しく頂ける品数やボリュームであるということが大切です。

殆どの式場で試食会が行われますので、ぜひ実際に口にして確かめでみましょう。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

コスト削減のコツ   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る