結婚式の予算相場と見積もりを確認して式場を選ぶ

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の予算相場と見積もりを確認して式場を選ぶ

読了までの目安時間:約 4分

 

結婚式の予算相場と見積もりを確認して式場を選ぶ

結婚式を挙げるとなれば、まず真っ先に気になるのが費用ですね。

現在では昔のようにお仲人をたて、両家顔合わせ、結納、そして結婚の儀へ、と全てのプロセスをきっちりするとは限らなくなっています。

結婚式の形態も同様。

ゲスト数、式場、時期、そして費用などについても、カップルによって実に様々。

憧れの結婚式に抱く希望やイメージは多々あることと思いますが、感情や理想が先走らないようしっかり準備を進めて行きましょう。

今二人にあるお金、出るお金、入るお金を考えて一つのプロジェクトを成功させる・・これから人生を共に歩く二人にとって最初の大きな共同事業ともいえます。

よく話し合い、そして楽しみながらやることが大切ですね。

結婚式費用の相場は?

予算や計画を立てる前に、皆は結婚式にどれくらい費用をかけているのかをチェックしてみましょう。

ネット上などで見られる数字はあくまで一般的な平均値ですが、大いに参考になります。

地域によっても差はありますが、ゲスト数60~80人で300万円前後。

しかし選ぶ式場によってもだいぶ違ってきます。

ホテル300~350万、ゲストハウス350~370万、レストラン250万前後というのが目安。

また、隠れ家的な小ホテルと老舗ホテルとでは異なりますし、街中の洒落たレストランと会員制の高級レストランとでも料金設定は全く違います。

人気のある季節とオフシーズン日取りでも式場の料金設定は違います。

一般的な相場やそれにまつわる様々な情報を得られれば、自分たちのプランニングに大変役立つことと思います。

簡単に予算を出してみる

どんな結婚式にする、どこで挙げる、と考える前に、まず簡単に予算を出してみましょう。

今二人にあるお金はどれくらいか。

これから無理なく貯めて行けそうな金額は。

ゲストの方々から頂くご祝儀は。

ご祝儀に関しては友達や職場同僚が2、3万、お世話になった恩師や目上の人、親族が3~5万というのが相場。

その他会社からの結婚祝い金、親からの援助などがあるようなら入るお金として計算に入れます。

出るものとしては新婚旅行、新生活準備などに必要なお金、また式には出なくてもお祝い金やプレゼントを頂いた方へのお返し分などがあります。

現在あるお金+これからの貯金+ご祝儀など入ってくるお金の合計から出て行くお金を差し引いたものが結婚式の費用となります。

予算をもとに式場選び

簡単に算出した予算をもとに、式場を選びます。

気になる式場から数ヶ所に絞り込んでブライダルフェアや相談会に参加してみましょう。

ここで注意したいポイントは、日取りによって大きく料金設定が変わるという点です。

ウェディングの人気シーズンは春と秋、そして大安や友引の日。

オフシーズンとされる真夏や真冬、仏滅はニーズが少ないため式場は料金を大幅に下げています。

ジューンブライドといいますが、実は梅雨時の日本ではどちらかといえば6月はオフシーズンに入ります。

相談会などで具体的な費用の話をする際にはこうした点を考慮しつつ、更にその式場の特典や期間限定のサービスなどもチェックするようにしましょう。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

コスト削減のコツ   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る