結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

あなたのウェディングドレス拝見

まじんさんのウェディングドレスを拝見【白のAライン 京都府 アートグレイスウエディングヒルズ キリスト教式6月の結婚式】

投稿日:

こんにちは。

今日は2016年6月に結婚式をあげました、まじんさんにウェディングドレスについて、またそのドレスにまつわるを聞くことができました。

秋口6月に京都府 アートグレイスウエディングヒルズ 、キリスト教式での結婚式。まじんさんのウェディングドレスは「Aライン」だったようです。

どのようにウェディングドレスを決め、どんなこだわり、ストーリーがあるなど、ご興味ある方も多いのではないでしょうか。それでは、聞いてみましょう。

日時 2016年6月
式場 京都府 アートグレイスウエディングヒルズ
式場タイプ・形式 ゲストハウス・キリスト教式
挙式当日のお天気 曇り
披露宴のお時間 3時間
挙式の衣装 タキシード×白ドレス
披露宴の衣装 タキシード×白ドレス
披露宴お色直し1 タキシード×ブルードレス
お名前と結婚式をあげたときのご年齢を教えてください。
まじんです。29歳の時にあげました。
結婚式をあげたのどちらで、いつですか?
2016年6月に京都府 アートグレイスウエディングヒルズ 、キリスト教式であげました。
京都府 アートグレイスウエディングヒルズ 、キリスト教式で挙げられた結婚式は、どのようなテーマでしたか?
荘厳な雰囲気のチャペルだったので、上品かつ華やかなレースの衣装を選びました。重厚なイメージをテーマにしていました。
まじんさんのウェディングドレスのスタイル、ラインなどをお聞かせください。

スタイルは「Aライン」、色は「白」です。その他のディテールは・・・

  • デコルテはビスチェ
  • 袖スリーブはなし
  • トレーン:長い
  • パニエ:大きい

こんな感じにです。

ドレスの決定するまで期間のことや価格などについてお聞かせください。

ドレスは式場でレンタルしてもらいました。その他は以下のような感じです。

  • ドレスお値段:「レンタル」・30万円
  • ブランド:不明
  • 初めてのドレス試着は式の何ヶ月前?:9ヶ月前
  • 式の何ヶ月前にそのドレスに決定しましたか:8ヶ月前
  • そのドレス以外、何着くらい迷いましたか:4着
  • 身長はおいくつですか:160cm
ウェディングドレスを「 レンタル」にした理由などありますか?

一生に一度の結婚式なので、上質なドレスを着てみたいという夢が昔からありました。

購入して、自分だけのウエディングドレスを手に入れるという憧れもありましたが、レースの質や細かい縫製、素材などが上質なドレスを見ていくうちに、上質なものはやはりそれなりのお値段がするということに気が付きました。

「ドレスだけにそこまで費用をかけることはできませんが、ドレス選びにおいては妥協をしたくない。」という気持ちが大きくなり、結局購入ではなくレンタルで自分の納得のいくドレスを探すことを選びました。結果として、満足のいく一着を見つけられたので良かったです。

そのドレス決定したこだわりや理由などを教えてください。

メインのウエディングドレス選びにおいて、重視したことが二つあります。一つ目は、「上質なドレスであること」です。

一生に一度のウエディングドレスを着る機会なので、安かろう悪かろうなものは選びたくありませんでした。素材・レース・縫製など、一目で見ても近くで見ても上質なものだと分かるようなドレスを探し抜いた結果、このドレスに決まりました。

二つ目は、「体系を上手くカバーしてくれること」です。私は痩せ形で、胸もあまり大きくはなかったため、憧れのビスチェタイプのドレスを着ると胸元が貧相に見えてしまうことが多々ありました。

その点、選んだドレスだと、鎖骨の少し下のあたりまで生地があるため、胸元があまり露出されずに綺麗に見せることが出来ました。

ウェディングドレスの髪型について教えてください。

メインドレスのときの髪型は編み込み×シニヨンです。

ヘアアクセサリーはティアラ。

上品な花嫁に憧れていたので、あまり派手に毛先を散らしたりせずに、おとなっぽくまとめたいという気持ちがありました。

また、夜会巻きのような上の方でまとめる髪型だと年齢以上に見えてしまいそうだったので、可愛らしさを残すためにもサイドから編み込みを入れてもらい、下の方でシニヨンにしてもらいました。

トップを盛りすぎない、柔らかな印象が出るようなこの髪型は、アクセサリーとしてつけたティアラとの相性も抜群だったと個人的には思って大満足しています。

ベールやアイテム・アクセサリーについて教えてください。

ベールはショートベール・裾レース。

手袋はロング手袋・サテン生地・縁にパールビーズが一周縫い付けられているデザインです。

統一感がでるように、できるだけ色やデザインがそろうようなものを選ぶようにしました。ネックレス・ピアスについてはシリーズものを選択しました。

ブーケについて教えてください。
ブーケは生花・ラウンドタイプ。ブーケトスもやりました。
ドレスについて、ちょっと失敗、後悔しているところはありましたか?

使用したパニエは3段で、それぞれの段の広がり方を調整できるようになっているものでした。

このパニエは、費用削減のためにネットで安いものを探して購入したものだったのですが、最大限に広げていても時間が経つと少しずつ縮んでいってしまうような造りになっていました。

そのため、最初の方はドレスのスカート部分もふわっと広がっていて良かったのですが、時間が経つにつれて少しずつ広がりが小さくなっていってしまいました。ここはケチらずに、式場レンタルのものを使えば良かったと後悔しました。

ドレスお色直しについて教えてください。

メイン・白、2着目・水色。

メインのウエディングドレスがシンプルながらも上質な、大人っぽいものだったので、お色直しのドレスは可愛らしいものをイメージしていました。

水色を選んだ理由は、花嫁が身につけると幸せになれると言われている「サムシングフォー」のうちの「サムシングブルー」にぴったりな色だと思ったからです。

シンデレラのような色合いで可愛らしさも十分でした。

ウェディングドレス選ぶ上でアドバイスなどありますか。

これからウエディングドレスを選ぼうとしている方には、納得のいく1着に出会うまで、時間の許す限り何度でもドレスサロンに足を運ぶことをおすすめします!

すぐに運命のドレスを見つけることができた方は別ですが、たくさんのドレスの中から自信を持って「これだ!」というものを見つけ出すまでは、だいたいの方は時間がかかると思います。

ですが、一生に一度きりの大切なウエディングドレスになりますので、妥協することなく、後悔の残らない自分の理想通りのドレスを見つけ出していただきたいです。

ドレスは、試着してみると印象が変わることが多いです。少しでも気になるものを見つけたら、どんどん試着をしていくことで、自分なりの基準も固まってくると思います

ウェディングドレスにまつわる話を聞いてみて

まじんさん、ありがとうございました。

京都府 アートグレイスウエディングヒルズ でAラインの白のウェディングドレスは6月の式場に映えてとてもステキだったのではないでしょうか。

まじんさん、一生に一度のウエディングドレスを着る機会なので、安かろう悪かろうなものは選びたくない気持ちだったとのこと。その結果出会ったドレスは素材・レース・縫製など、一目で見ても近くで見ても上質なものだと分かるようなドレスに巡り会えたそうです。

そんな彼女はドレスは、試着してみると印象が変わることが多いとの感想があり、少しでも気になるものを見つけたら、どんどん試着をしていくことで、自分なりの基準も固まってくると思います。妥協をしなかった、まじんさんの言葉には重みがあります。

本当に参考になりました!

↓ジューンブライド6月は日本の梅雨。しかし、だからといって空いているわけではない。梅雨にかからない月初や週末はもちろん人気!もし6月を狙っているのであればちょっとチェックしてみては?

-あなたのウェディングドレス拝見

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.