みさきさん:結婚式の成功・失敗・経験談【ルミヴェール東京 人前式 2月の結婚式】

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

みさきさん:結婚式の成功・失敗・経験談【ルミヴェール東京 人前式 2月の結婚式】

読了までの目安時間:約 8分

 

みさきさん:結婚式の成功・失敗・経験談【ルミヴェール東京 人前式 2月の結婚式】

管理者

こんにちは。

今日は2016年2月に結婚式をあげました、 みさきさんにウェディング・結婚式経験談を聞くことができました。

バレンタインの2月にルミヴェール東京、人前式での結婚式。ゲストさんは中規模80人の挙式となっていたようです。

同じようなゲストさん人数の結婚式を考えている人など、ご興味ある方も多いのではないでしょうか。それでは、聞いてみましょう。

日時 2016年2月
式場 ルミヴェール東京
招待客数 80人
結婚式費用 約420万円
準備期間 約5ヶ月
お名前と結婚式をあげたときのご年齢を教えてください。
みさきです。24歳の時にあげました。
結婚式をあげたのどちらで、いつですか?
2016年2月にルミヴェール東京、人前式であげました。
2月にした理由などはありますか?

私が挙げた式場は2015年10月にオープンしたばかりの新しい式場でした。

この時ちょうどオープニング記念として、たくさんの割引特典のあるキャンペーンを2016年2月まで実施されており、オープン前の時期に式場見学に行った際に空いている日程を確認したところ、すでに2月しか空いていないということだったので、キャンペーン期間中の2016年2月に挙式を挙げました。

披露宴の招待客人数と新郎側、新婦側の人数対比を教えて下さい。
トータル80人でだいたい5:5くらいです。
結婚式場決定で最も重視したことはなんですか?

私が最も重視した点は、一生に一度の大きなイベントなので、やりたいことをやれる式場でありながらも予算もある程度親切なお値段で、でした。

やりたいことはやはりたくさんありましたが、チャペルがガラス張りであること、披露宴会場がナチュラルな感じであること、この2つはやりたいことを叶えるためにはまず基本となると思ったので、この2点を念頭に置いて式場見学をしました。

また、親切なお値段で、というのに関しては、式前の一括払いでは何百万も払うことは出来なかったので、総額の何割かでもお祝儀払いができるところを探しました。

プロポーズから式を挙げるまでの準備期間はどのくらいでしたか
プロポーズから式場決定までの期間は約1ヶ月、式場決定から式を挙げるまでの期間4ヶ月のトータル5ヶ月くらいでした。
結婚式を挙げるまで何が一番大変でしたか?

披露宴会場で使用する動画編集が一番大変でした。

理想の披露宴に近づけるためにも、披露宴時間のスケジュール内容的にも、新郎新婦入場前のオープニング動画と新郎新婦のプロフィール動画、新郎新婦退場後のエンドロール動画の3つはどうしても使用したいと思っていました。

どの動画も式場のプロの方にお願いをすることも可能でしたが、3つともお願いしてしまうと、予算オーバーになり、他の内容で我慢しなければいけないことがたくさん出て来てしまうので、自分たちでは作れないエンドロールのみお願いをして、他の2つを自分たちで作成することにしました。

仕事終わりの作業で、動画編集も初めてだったので、完成まで1ヶ月はかかりました。

結婚式は総額でいくらかかりましたか?
大体420万円くらいです。
費用の捻出の内訳はどのような感じですか?
半分は自分たちで、残りの半分は親からの援助とお祝儀で賄いました。
式費用ですが初期見積もりから最終見積で金額アップしましたか?

200万円ほどアップしました。やはり割引特典があるとはいえ、初回見積もりの中にはテーブルクラス代や装飾用のお花、リボン、お色直しのブーケなどの代金は含まれておらず、必要最低限のレベルで揃えていっても、200万円程金額が上がりました。

今回の式で節約術があったら教えていただけますか。
私が行ったのは、前質問でも回答したような動画作成や、席次表、席札、メニュー表、受付周りの装飾アイテムなど、明らかに自分で作った方が安上がりになるなと思ったものは時間の許す限り自分で作るようにしました。
結婚式で成功したこと、うまく行ったこと、ちょっと人に話したいことなどはありますか。

結婚式当日は、私の祖母の77歳の誕生日でした。新婦の中座の時にサプライズで祖母を指名し、そこで誕生日プレゼントも渡しました。

とても喜んで貰えて成功したなと思いました。

また、節約するために自分で作成したものは、参列して下さった方々からもとても好評で、自分で作ったものの中にロゼットもあるのですが、会場に一体感も生まれて、とても良かったです。

もちろん予算的にも、式の終わりに残りの金額をお祝儀払いしましたが、お祝儀も手元にいくらか残ったので、そのお金で新婚旅行にも無事にいけました。

失敗したこと、ちょっと後悔していることなどありますか。

あまり失敗したと感じていることはありませんが、私は新婦から両親への手紙を読みませんでした。

もちろん式前に両親とも話し、相談した上で読まない、という方向にはなったのですが、手紙を読んだ方からの話を聞くと、読んであげた方が思い出により残ったのかなという気持ちにはなりました。

これから結婚準備を始める人にアドバイスをお願いいたします。

お金に余裕のある方は式場のプロの方にお願いした方が、仕上がりのクオリティも当然高く、自分の準備に集中出来るのでいいかとは思います。

しかし、余裕のある方もそうでない方にも、自分たちで作ったものが1つでもあった方が、式が終わった後に、あんなこともあったねとかこんなことが大変だったけど、それもいい思い出だねとか、色々と印象にも残り、なんだかんだでとてもいい経験になると思います。

結婚式は当日だけではなく、準備の時から始まっていると私はとても感じたので、是非、手作りのものを1つでも作ることをお勧めします。

その際は、少し疲れるとは思いますが、あまりピリピリせずに、夫婦2人で力を合わせて作業出来るといいと思います。

結婚式経験談を聞いてみて

管理者

みさきさん、ありがとうございました。

2月、ルミヴェール東京での人前式の結婚式はとてもすばらしいものだったのではないでしょうか。

みさきさんの結婚式への準備やその流れを伺えました。また当日のルミヴェール東京での結婚式の情景が目に浮かぶようです。

本当に参考になりました!

↓2月の結婚式はシーズンオフとあり安い場合もある。しかし、人気のバレンタイン、また日数も少ないこともあり特定日は混む。すぐに動くことおすすめです。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

結婚式や披露宴の成功・失敗・体験談   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

TOPへ戻る