結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

結婚式や披露宴の体験談・口コミレビュー

あおぞらさん:結婚式の成功・失敗・経験談【愛媛県 道後 山の手ホテル 3月の結婚式】

投稿日:

こんにちは。

今日は2015年3月に結婚式をあげました、あおぞらさんにウェディング・結婚式経験談を聞くことができました。

秋、紅葉の北海道3月に愛媛県 道後 山の手ホテル、人前式での結婚式。ゲストさんは中規模50人の挙式となっていたようです。

同じようなゲストさん人数を考えている人など、ご興味ある方も多いのではないでしょうか。それでは、聞いてみましょう。

日時 2015年3月
式場 愛媛県 道後 山の手ホテル
招待客数 50人
結婚式費用 約200万円
準備期間 約8ヶ月
お名前と結婚式をあげたときのご年齢を教えてください。
あおぞらです。42歳の時にあげました。
結婚式をあげたのどちらで、いつですか?
2015年3月に愛媛県 道後 山の手ホテル、人前式であげました。
3月の「愛媛県 道後 山の手ホテル」にした理由などはありますか?

旦那様の転勤が決まったため、4月からは他県へ引っ越しが決定していたため覚えていたかったので、入籍をバレンタインデイ、結婚式をホワイトデイに決めました。

結婚を決めたのが12月で、いくら頑張っても3月くらいじゃないと準備が追い付かないと思ったから。

実際、4か月の準備期間ではかなり忙しく、準備時間がもう少しあったらと、そこに関しては後悔している。

披露宴の招待客人数と新郎側、新婦側の人数対比を教えて下さい。
トータル50人でだいたい1:5くらいです。
結婚式場決定で最も重視したことはなんですか?

新郎新婦が2人とも40代だったので落ち着いた雰囲気を重視した。

クラシカルな雰囲気にしたかった。明るい白を基調とした会場は40代のお肌を正直に見せることになるので避けました。

新婦の親族が遠方から来られたので、ホテルで式を挙げたかった。

親族のみの結婚式だったので、こじんまりとした会場を探していた。

遠方から来られる招待客が多かったので、観光も兼ねて来られるよう、新郎新婦の居住地からは距離のある会場を選びました。そして、遠方の方でもわかりやすいよう道後温泉の近くの会場にしました。

プロポーズから式を挙げるまでの準備期間はどのくらいでしたか
プロポーズから式場決定までの期間は約4ヶ月、式場決定から式を挙げるまでの期間4ヶ月のトータル8ヶ月くらいでした。
結婚式を挙げるまで何が一番大変でしたか?

招待客への案内状も手作りにしたため、徹夜で作りました。

招待状だけでなく、ネームプレート・二次会会場の案内文・席次表も手作りにしたので大変でした。

テーブル装花・お皿・食事など細かいことも決めなければならなく、居住地と離れていたため会場に通うのが大変でした。

会場決定から式当日までの休日はすべて準備に使いました。

なんといってもウエディングドレス・メイク・ヘアスタイルは時間がかかりました。会場のある市ではない衣装店だったからです。

衣装が決まったら、メイクやヘアスタイルのリハーサルがあり、何度も足を運ばなければならなかった。

結婚式は総額でいくらかかりましたか?
大体200万円くらいです。
費用の捻出の内訳はどのような感じですか?
自分達と親からの援助で半分ずつです。
式費用ですが初期見積もりから最終見積で金額アップしましたか?
見積もりから50万ほどアップしてしまいました。二次会の人数が予定の倍になり、料理代・飲料代が約倍になったことが理由です。飲み放題ではなかったので披露宴時の飲料はかなりオーバーした。
今回の式で節約術があったら教えていただけますか。

節約といえば、ペーパー類は新婦が手作りしたことです。しかし、かなり時間を取られ注文しても良かったかなと今は思っています。

他のことは節約していません。一生に一度のことなので、安っぽくしたくなかったのと、40代なのである程度貯金はありましたので。

親族のみだったので、ご祝儀も大体予想出来、節約しなくても出来るという確信があったのも理由の1つです。

結婚式で成功したこと、うまく行ったこと、ちょっと人に話したいことなどはありますか。

親族のみということで、余興がなかったので、新郎新婦でイベント的なことを考えました。突撃インタビューで各テーブルを司会者にまわってもらい、一言いただきました。

プロフィールムービーは招待客との写真を入れ、招待客自身の幼いころの写真を出すことでその子供たちが盛り上がっていました。

私は泣き虫で、親への手紙をうまく読むことができなくなるのは最初からわかっていたのであらかじめ録音をし、映像を作成して流しました。それでも私は号泣でした。

親族のみだったので、式の最中にそれぞれの家族紹介をしてもらいました。お酒も入っていたので、終始和やかな雰囲気で緊張感のない家族紹介となりました。きっと、お互い印象に残ってくれたことでしょう。

集合写真を撮影したことは、良かったと思います。旦那様は私の親族の多さに、覚えるのが大変でしょうから。

これから結婚準備を始める人にアドバイスをお願いいたします。

よく結婚準備は半年前からと言いますが、本当に決めることが多いので私みたいな4か月は、お勧めしません。

もし短期間であるなら、ある程度スタッフの方にお任せするのも良いと思います。

準備の間に喧嘩をすることもあるでしょう・・・が、そんな暇はありません。

私はほとんど任されていたので、旦那様は文句は言いませんでした。そのくらいトントンと進めていかないと、次に決めなければならないことが襲ってきます。

出席者のリストが決まったら、席次表を決めます。決まったら、そこに出す料理・未成年(お酒を出さない)など。

そして、細かい打ち合わせが始まります。

衣装に関しては妥協したくないと思いますので、時間をかけるべきだと思います。

結婚式経験談を聞いてみて

あおぞらさん、ありがとうございました。

桜咲く季節の結婚式はいいもですね!愛媛の3月であればもうかなり暖かいのでは?

披露宴において細かいことも決めなければならなく、居住地と離れていたため会場に通うのが大変だったのこと。やはり近いことは助かります。

あまり全体的には節約していないということですが、準備期間が少ない、また一生に一度のことなので、安っぽくしたくないということ。ごもっともです。40代なのである程度貯金はあったとのことですので、時間を買ったというのは納得です。

ご祝儀も大体予想出来、節約しなくても出来るという確信は、親族のみという利点ですね!

本当に参考になりました!

↓3月桜のシーズンをねらっている方は、準備もそうだが、色々と春先のため調整が大変と思う。すぐに動くことおすすめです。

-結婚式や披露宴の体験談・口コミレビュー

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.