結婚準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

今話題の「スマ婚」とは?スマ婚のメリットとデメリットを挙げてみた

読了までの目安時間:約 6分

 

スマ婚が出てきた背景とは・・・昔と違い、今はお給料が右肩上がりとは言えない時代です。

そんな時代のせいか、若いカップルの中には「結婚式に何百万も描けるのは辛い」と考える人も出てきました。

資金の問題で、結婚式をあきらめるカップルも増えています。

そんなカップルたちのために「安い値段で式を挙げることができる」というサービスがだんだんと浸透しつつあります。

そのひとつが「スマ婚」。どんなものなのでしょうか?

「安く結婚式を挙げたい!」と言うひとに…

「スマ婚」とは「スマート婚」の略です。

とあるブライダル企業が、基本料金約17万円で結婚式を挙げられるというプランを打ち出してから、話題になりましたね。

「結婚式を挙げるには、何百万円もかかる」という前提を覆したプランです。

今は結婚式を挙げるカップル自体が減っているので、「安い料金でも結婚式はできる!諦めないで」という気持ちから生まれました。

今では色々な企業が「スマ婚」やそれに近いプランを出していますが、約17万円で挙式をすることができるプランの場合、以下のものが基本料金に入っています。

  • 司会をしてくれる人
  • 挙式のお金
  • 会場に飾るお花
  • ヘアメイク
  • ペーパーアイテム
  • 結婚式のスタッフなど
  • 結婚式で使う照明や、音響

これで、17万円です。

「あれ?食事代は入ってないの?」と思いますよね。

実は、お食事は「当日のゲストからもらうご祝儀」の範囲で提供できるようにしてくれます。

多くの場合、基本料金の17万円では収まらないようですが、それでも100万円ほどで挙式をすることができるため、スマ婚は若い人を中心に人気が広がっているようです。

スマ婚のメリットは本当に多い!

ドレスの持ち込みはOKになっていることがほとんど!

そう、どこで式を挙げるかにもよりますが、「スマ婚」では基本的にドレスの持ち込みをOKにしています。

結婚式にかかる金額の中で、大きいのが「ドレスのレンタル料」。

ホテルウエディングで新作のドレスをレンタルすると、数十万単位でお金がかかってしまうことも多いです。

これだけで、結構な金額がとんでいってしまいますよね。

かといって、外部から借りて来ようとすると「持ち込み料」を取られることも多く、そもそも「持ち込みはできない」としているところも少なくありません。

「スマ婚」ではドレスの持ち込みをOKにしているので、安いところから自分で借りてレンタルするのもOKです!

引き出物やプチギフトも外注できます!

結婚式場にお願いする「引き出物」も、スマ婚では外注が可能に。

自分で好きなものを選ぶことができるので、費用の節約になります。

外注をするなら、自分の個性を出したプチギフトを選ぶこともできそうですよね。

また、ゲストには「これがスマ婚である」ということは知らされませんので、節約したことはばれずに済みます。

でも、やっぱりスマ婚にもデメリットはある…

スマ婚は基本料金の中で納めるのは大変!・・・というか、収まりません。

基本料金が非常に安いスマ婚ですが、この範囲では収まらないことがほとんど。

結局はいくつかのところをグレードアップさせて、対応することになります。

そうなると、思ったよりも安くはならないという現実も…。

あとは、お食事代をご祝儀で賄うと決めてしまっているところです。

いくらもらえるかもわからないご祝儀をあてにして式を挙げるということの是非もあるようですね。

ゲストを呼ぶなら、少なくともお料理と引き出物は手を抜けませんので、そこはケチらないと決めて挙式をする必要があります。

ここを節約していることが伝わると、ゲストから良い様には決して言われません。

打ち合わせの回数は3回

結婚式は、式場側と何度か打ち合わせをして予定を立てていきます。

挙式となれば、打ち合わせをして話し合いをしたくなることも多いのですが、スマ婚の場合は「3回」と回数が決められてしまっています。

この範囲内で、果たしていい結婚式が挙げられるでしょうか?一度の話し合いで、聞きたいことはぜんぶ聞いておくことができるような対応が必要になるでしょう。

好きなように結婚式を挙げることはできない

安い料金であるということは、それだけどこかを削っているということにもなります。

「ここに手をかけたい」と思っても、スマ婚ではそれはできないことも多いので注意してください。

結婚式というと、自分たちの個性を出した特別なものにと考えるカップルが多いのですが、「スマ婚」の場合はそれが出来なくなる可能性があるということですね。

どちらかと言えば、少人数で親しい人だけの結婚式に向いている「スマ婚」。

安いプランではありますが、一生に一度の結婚式をどう挙げるのかを相談してから選択する必要はありそうですね。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

結婚式や披露宴の予算について   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

TOPへ戻る