結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式の準備、何から始めれば良いかわからない。とお悩みではありませんか?式場やウェディングドレスの選定はもちろん、コスト削減に至るまで、失敗しない結婚式の役立つ情報が満載! 正しいウェディング準備で最高の式に!

ウェディングドレスの種類・選び方

赤やピンクのカラーウェディングドレスはどんな人に似合う?

投稿日:

真っ白なウエディングドレスを選んだら、次はお色直し用のドレス選びです。

近年の結婚式では、お色直しは1回のことが多いですよね。

つまり、カラードレスを着ることができるのは一度だけ。

ウエディングドレスも一着だけですが、カラードレスも一着しか着ることはできませんので、できるだけ吟味して選びたいものです。

中でも、女性に人気の赤やピンクのドレスについてまとめてみました。

お色直しで一番多いのは赤かピンクのカラードレス!

お色直しで一番多く着用されているカラードレスは、ピンクもしくは赤のドレスと言われています。

なんといっても、赤とピンクは女性から大人気のカラー!特にピンクは、童話の中のお姫様のようなイメージになるので、お色直しで着用する女性は本当に多いようですね。

「お姫様になりたい」という願望をかなえてくれるカラーと言っていいでしょう。

普段はピンクや赤をあまり着ない人でも、一生に一度の結婚式なら着られる!と考え、思い切ってチャレンジすることもあるそう。

それだけ、新婦に愛されるカラーであるということですね。

ピンクや赤のカラードレスは、年配のゲストからも評判がいいです。花嫁がより可愛く見えるからでしょう。

ピンクを選ぶメリットは、女性らしさとかわいらしさを引き立ててくれること

ピンクというカラーは、女性の「かわいらしさ」「柔らかさ」を存分に引き立ててくれるカラーになります。

乙女のような薄いピンクのドレスは、若い女性のみずみずしさも引き立ててくれますよね。

また、はっきりとしたサーモンピンクに大きなリボンがついた「思いっきりキュートなドレス」があるのも、ピンクというカラーならでは。

「可愛い花嫁になりたい」と思った時に、思いっきりそれを表現することができるのがピンクです。

いろんなピンク色・デザインのドレスがあります!

年齢に合わせてカラーを選べる「ピンク」は意外に人を選ばないカラーであることを知っていますか?

「若くてかわいい女の子にしか似合わない」と思われがちなピンクですが、実際にドレスをみるといろいろなピンクの種類を見ることができます。

例えば、ちょっとくすんだようなカラーのピンクなら30代の女性でも抵抗なく着ることができますし、スカートの広がりを小さくすればそこまで派手にもなりません。

近年は、ピンクでも薄めの「アイスピンク」「シャーベットピンク」などのカラーが人気の様で、こちらのカラーは年齢を選ばないカラーなのでオススメですよ。

「自分に合ったピンクを選ぶことができる」ということも、ピンクの良さのひとつです。

意外にデメリットが少ないカラーです。

赤いドレスはインパクト大!

大きめの会場での挙式にオススメですピンクについで人気なのが、「赤」のカラードレスです。

ピンクと赤は同系色なのですが、見た目からの印象が全然違ったものになるので面白いかも。

赤いドレスはインパクトが強く、大きめの会場でもしっかりと花嫁の存在感を伝えられるというメリットがあります。

遠くからでもドレスのゴージャスさが伝わりますからね。

赤はその場の雰囲気を明るくしてくれますし、とてもオススメなのですが、着るとなると「背が高い女性」「顔立ちがハッキリした女性」の方がいいかも。

赤は力強いいろなので、メイクも濃いめにして迫力に負けないようにしないと、ちぐはぐな印象になってしまうかもしれません。

意外に体型を選ぶお色なので、ドレスのコーディネートでカバーしたり、試着をして「自分に合ったデザインのドレスを選ぶ」ということは本当に大切なことになります。

赤いドレスを選ぶ時の注意

ただ、「真っ赤」となると華やかなイメージになりますが、赤×ゴールドなど別の色を組み合わせるとまた印象が違ってきます。

「赤一色」に抵抗がある人は、別のカラーと混じっているものを選んでみるといいかも。

クリスマスシーズンだと、赤とゴールドを合わせたドレスなどが人気の様です。

「ちょっと目立ちすぎる」という赤のデメリットも、こうしてドレスの種類を選ぶことで十分にカバーすることができます。

赤は日本人の肌に似合う色としても知られていますので、意外とどんな人でも着こなせます。

ドレスのシルエットを吟味して、合うものを選んでみてくださいね。

また、思い切ったピンクや赤というのは結婚式のドレスでもなければあまり着ることがないカラーでもあります。

そういった意味でも、結婚式には赤やピンクを着てみてはいかがでしょうか?

-ウェディングドレスの種類・選び方

Copyright© 結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備 , 2019 All Rights Reserved.