夏の結婚式のメリット・デメリット!花嫁が気を付けることは?

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

夏の結婚式のメリット・デメリット!花嫁が気を付けることは?

読了までの目安時間:約 6分

 

夏の結婚式のメリット・デメリット!花嫁が気を付けることは?

夏の結婚式はどうでしょうか?空と海がとても美しい季節と言えば、夏。

太陽が高い季節でもあり、梅雨が明ければ雨も少ないので、結婚式を挙げたいというカップルも少なくありません。

しかし、夏はなんといっても暑いので、結婚式を挙げるのであればゲストへの十分な配慮が必要です。

夏の結婚式、メリットは?

夏は、結婚式場にとって「オフシーズン」と呼ばれる季節です。

地域によっては外に出ることが辛くなるほどの暑さになることもあるので、この時期の結婚式を避けるという人は少なくありません。

そんな夏の結婚式のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

会場費がとても安くなる

このため、結婚式場では少しでも結婚式の申込みを増やすために、値段を下げていることがほとんど。

もし「結婚式の費用を抑えたい」と考えているカップルがいれば、夏がねらい目かもしれません。

どの結婚式場も値段を抑えていますよ!

好きな日程を選びやすい、ドレスを選びやすい

オフシーズンだけに、自分が挙式したいと考えている日程を選びやすいこともポイント。

これは、オフシーズンならではのメリットです。

混雑する時期だと、結婚式がたくさん入るので「この日にあげたい」という日がダメだったりもしますからね。

また、オフシーズンで結婚式が少ない時期だからこそ、ドレス選びをしやすいというメリットも!好きなドレスを選ぶことができるので、理想の結婚式をしやすいというのも花嫁さんにとってはうれしいですね。

夏だからこその、ビビットカラーの素敵なドレスを選びましょう。

夏ならではのロケーションが選べる

ビーチ

夏といえば、綺麗な海や空、そしてプールですよね。

海が綺麗なチャペルや、広いプールがあるハウスでの結婚式は、夏だからこそ美しく映えるものです。

これらのロケーションで結婚式を挙げたいと考えている人には、絶好の季節と言っていいでしょう。

特に、海を背景にした写真を撮りたいと考えている人は夏に挙式することも多いようです。

また、夏の空は本当に透き通っていて美しいので、「綺麗な空の下で撮影をしたい」という人にもぴったり。

このように、夏に結婚式を挙げるメリットは見逃せないものがあります。

夏の結婚式のデメリット

メリットもそれなりにある夏の結婚式ですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットの方が、看過できない理由も多いので注意してください。

とにかく暑い!ゲストにとって辛い季節です

夏の結婚式の一番のデメリットは、とにかく「暑い」ということ。

この暑さが、招待客にかなりの負担をかけてしまうので、式場選びをする時にそのことを頭に入れる必要があります。

例えば、女性のゲストだと汗でメイクが落ちることをとても気にします。

服も、ワンピースなら汗がにじまないように会場で着替えるなどの対応をする人もいます…。

これだけで、かなりの手間ですよね。

仮に化粧室が混み合っている場合、ゲストは着替えることができずに待つという負担も背負わなければなりません。

もっと辛いのは、男性とお年寄です。

男性のスーツは、上着を脱ぐと失礼になるので脱ぐことができませんし、お年寄りは着物を着て出席することも多いので、暑さと汗との戦いになるのは必至。

このように、ゲストにかなり負担が行くことになるので、夏の結婚式は歓迎されないことも多いのです。

もし夏に結婚式を挙げるなら、駅からシャトルバスを出して全員を送り迎えすることなどは念頭に置いておきましょう。

料金が安いことは、ゲストに見抜かれている

夏の結婚式は、値段が安いことを誰もが知っています。

この時に挙式することで「このカップルは値段が安い日をあえて選んだ」と思われてしまう可能性も…。

それだけならまだしも、「ゲストに暑い思いをさせて、自分たちは安い料金で挙式した勝手なカップル」と言われてしまうこともあります…。

そのつもりがなかったとしても、こう言われてしまうのは悲しいですよね。

夏は天気の変化が多い季節でもある

夏は、突然雨が降り出すなど気候の変化が激しい季節でもあります。

「今まで晴れていたのに、突然雨が降り出した」ということも多いので、ガーデンウエディングなど外での結婚式には向いていません。

途中で雨が降ってきたら大変ですからね。

気候のことを考えても、室内での結婚式が現実的でしょう。

一藩注意しなければならないのは、やはり「暑さ」。

実際に夏に結婚式を挙げた人の中には「暑さを意識して、外での演出は一切禁止にした」という人もいました。

誰もが辛い季節だからこそ、招く側である花婿花嫁がどれだけゲストのことを考えられるのかが勝負です。

しかし、そんなデメリットも多い夏の挙式ですが、やはり費用が安く済むことは、何にも代えがたい最大のメリットです。

↓↓価格を抑えたいあなた!ちょっとどのくらいの費用がかかるかチェックをしてみませんか?

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

上手な日取りの決め方   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

TOPへ戻る