挙式・披露宴・結婚式会場の下見で大切なポイント

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

挙式・披露宴・結婚式会場の下見で大切なポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

挙式・披露宴・結婚式会場の下見で大切なポイント

結婚情報関連サイトなどから候補のウェディング会場を絞り、ブライダルフェアや下見を体験することになるかと思います。

下見をする会場の数は3~4ケ所が平均のようです。

情報による画像や口コミからある程度のイメージは分りますが、やはり実際に会場を訪れ、見て、聞いて確かめてみれば改めてそれぞれの特徴、メリット、デメリットなどが分かるものです。

会場を感情で選んではいけない

最初に感じた“印象”ももちろん大事ですが、「わぁ・・素敵」「憧れの・・・」などの感情ばかりではどの会場に何度足を運んでもきちんと選ぶことができませんし、雰囲気やノリで決めてしまって後で後悔するということにもなりかねません。

確かめるべきことはきちんと書き留め、印象と感情に流されないよう下見をしましょう。

結婚情報サイトではチェックシートやリストがあり、ダウンロードできるところも沢山あります。

是非活用するといいと思います。

式会場の周辺をチェック

最寄りの駅から会場に向かうところから、既に下見は始まっています。

駅から行きやすいか、分りやすいか、離れているようなら送迎バスなどはあるのか。

また、自家用車利用の場合は最寄りのインターとそこからのアクセス、駐車場の有無などの確認が必要です。

会場の駐車場がなく、付近の有料駐車場を使うようであれば、招待状にその旨を記し、お知らせしなければなりません。

また、同じ会場内で二次会もできそうか、場所を変えるなら近くに適当な場所があるか、ゲストの宿泊施設はどうかなどもチェックしましょう。

ホテルウェディングであれば同じ施設内で宿泊ができますが、その他の場合はどこかと提携していることが殆どです。

数々の必要項目をチェックしつつ、会場の周辺環境も見ておきます。

式会場の外観、内観の雰囲気をチェック

会場建物の外観、内観の雰囲気は自分の好みやイメージに合っているかは、まず最初に確認できますね。

次は式場やバンケットルームの収容人数を確かめます。

少人数であればあまり広いスペースでは不適切ですし、たくさん呼ぶのであればそれなりの広さは必要です。

チャペルの雰囲気、天井の高さ、バージンロードの長さも気になるところ。

ガーデンが使えるか、雨の日はどうするか、フラワーシャワーやバルーンリリースなどの演出はどうかなどもチェックしておきましょう。

一方で、ゲスト目線でのチェックも大切。

ウェイティングルーム、更衣室、化粧室の様子に加え、もしも高齢者や障害のある方がいらっしゃるようならユニバーサルデザイン対応かなども見ておきましょう。

担当ウェディングプランナーに確認すること

ブライダルフェアや下見で最も重要なポイントともいえるのがスタッフやプランナーの印象や信頼度です。

担当プランナーとは長い期間のお付き合いになる上、様々なことを相談し決めて行くことになります。

話がしやすいか、親身になってくれ、プロとしての提案もしてもらえるかという信頼度をチェックしましょう。

また、おおよその見積もりを出してもらう際は最大でいくら、というラインでお願いします。

一つ一つ決まって行くにつれ費用が大きくなるというのが通常です。

できるだけ予算をきちんと立てられるよう、大目に見積もってもらうのがいいでしょう。

その他、ドレスやブーケ、引き出物、演出などについて自前や持ち込みが可能か、持ち込み料金がかかるとすればいくらかなども確かめます。

持ち込み料金リストなどを貰えれば一番分りやすいですね。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

会場のチェックポイント   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る