結婚式日取りの決め方【費用・金額を優先するか、縁起を優先するか】

結婚式準備NAVI・失敗しないウェディング準備

結婚式日取りの決め方【費用・金額を優先するか、縁起を優先するか】

読了までの目安時間:約 4分

 

結婚式日取りの決め方【費用・金額を優先するか、縁起を優先するか】

現在、みなさんは結婚式の日取りをどんな風に決めるでしょう?

一般的に、昔より大安と友引が結婚にふさわしい日とされてきました。

これは中国から伝わる暦の六曜を基にしたもの。

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種の曜から成り、私たちもカレンダーや手帳に記されているのをよく目にします。

カップル二人の仕事の都合、ゲストの方々のオフなど考えた上で、大安あるいは友引を選ぶという人は今も多くいます。

これは結婚式に限らず冠婚葬祭においていえること。

その字並びから「仏も滅するような大凶」と解釈され、何事も仏滅の日に執り行うことを人々は避けてきましたが、それ故冠婚葬祭関連会場などは仏滅の料金を低く設定しています。

六曜と結婚式

中国が発祥とされる暦の六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口と繰り返します。

カレンダーや手帳でよく見る六曜はご存じの通り、日本においても長く強い影響力を持ってきました。

「凶事に友を引く」ということから友引の日の葬儀は避け、「仏も滅する大凶」という仏滅の日の結婚式も避けられてきました。

結婚式の日取りとしては「大いに安し」の大安、あるいはおめでたい事に友を引き寄せると解釈する友引の日が好まれます。

しかし、これはあくまで縁起や験の話で、仏滅に結婚式はいけないというものではなく、結婚式場も仏滅が定休日というわけでもありません。

ただニーズが圧倒的に少ないため、仏滅の日の料金は大変低く設定されているのが一般的。

現在では大安や仏滅を気にしない人も多く、コスト削減のためこの日を選択するカップルもまた少なくありません。

季節の選び方

結婚式が多いのは春と秋。

暑すぎず寒すぎず、まさに誰にとっても気持ちの良い季節です。

シューンブライドという言葉がありますが、梅雨のある日本では難しい季節ともいえます。

6月上旬であれば梅雨直前あたり。

まだ本格的な雨期とはならずセーフかもしれませんが、中旬以降は正装でお出かけ頂くゲストを思うと避けるのが賢明です。

ゲストへの配慮という点から真夏や真冬も避けたいものです。

ライス―シャワーや中庭でのデザートビュッフェなどを企画しているのであれば、屋外が気持ち良い季節であることも重要。

人々に好まれる季節や日取りはどうしても式場などの料金もお高くなってしまうのが悩ましいところですが、人気シーズンを微妙に外した辺りを狙ってみましょう。

注意すべきポイント

結婚式にかかる費用は決して安いものではありません。

そのためたかが日取りでこんなに金額が変わるならと大安、友引以外を選択したくなるのももっともですね。

そこで考慮すべき点は、自分たち二人だけで済ませるならともかく、招待するゲストの方々も列席するセレモニーであるということです。

会社の上司、恩師、両親を始めとする親族などなど、いわゆるフォーマルな場となります。

そんなゲストの中には「仏滅の結婚式」に抵抗を覚える方も多いはず。

また、同様に割安になる真夏や真冬の日取りもゲストにとってどうか?ということを考えた上で決めることが大切です。

割り切ってコスト削減で行くか、少しお高くなっても縁起や体裁を重視するか、悩むところでもあります。

ウェディング結婚式情報サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのウェディング情報サイトの3つだよ。

私は1番の「マイナビウェディング」でブライダルフェアを申し込んで、ここで結婚式場を決めました。

人気と言われる11月だったので1年前から準備をはじめました。

マイナビウェディング
マイナビウェディング

全国の結婚式場情報や、フェアなどの紹介を行っているのが「マイナビウエディング」です。

全国の結婚式場・フェアを網羅している「マイナビウエディング」ですが、その中でも関東・甲信越の会場について多く特集を行っています。

楽天ウェディング
楽天ウェディング

「楽天」が運営するサイトが「楽天ウエディング」国内のリゾートウエディングにも強い。

「楽天ウエディング」では「結婚式場を厳選する」という方法に「バーチャルシステム」があります。もちろん楽天ポイントの付与もあり。

ゼクシィ
ゼクシィ

雑誌も有名なゼクシィはネットで結婚式の式場情報を探すことができるサイトも人気です。

ゼクシィは、ブライダル業界の最大手。ゼクシィは本当に情報量が多いサイトとして有名。登録されている式場の数も別格となっています。


管理人

結婚式が決まったあなた。まずは結婚情報サイト、さらにはブライダルフェアなどを要チェック!

それぞれのウェディング情報サイトには特色や特典、さらには得意な部分もあったりするので、チェックしてみよう。

さらに各ウェディング情報サイトには各種割引やギフト券、ポイントバックなどがある。早期の割引や季節割などもあり、いずれにしても早め早めのほうが予約にもお財布にもいいこと間違い無しだよ。

>>マイナビウェディング

ちなみに私の選んだ結婚式場は「ハイアットリージェンシー東京」、最終的に一番ステキだったココで結婚式を挙げました!

 

上手な日取りの決め方   コメント:0

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
TOPへ戻る